小雨の中の昼酒

祝日の月曜日、友人のN子ちゃんを誘って、サントリーミュージアム[天保山]で開催されている「純粋なる形象/ディーター・ラムスの時代──機能主義デザイン再考」を見る。
バウハウスから今日まで連なる統合的機能主義デザインの流れの中で、ミスター・ブラウン(ドイツ・ブラウン社)と呼ばれたラムスのデザイン哲学を、一堂に集められた現物を目の前にして鷲掴みにしようという企画展。
押し殺したようにストイックな仕事の数々を見ていると、若い頃を思い出してしまい、今や蜘蛛の巣で覆われている心の中のどこかの部分が、音を立てて膨れあがってくるのを覚えた。良いものを見た。機能主義デザイン最高。
さて、大人のデートの本質は“昼酒”なので、小雨の中、みなと通りを弁天町の方へ向かい、区役所の近くにある酒屋立ち呑み『富士屋酒店』で瓶ビール、燗酒、おでんなどで一息ついた。長いコの字形カウンターが心地よい。神戸は三ノ宮の『一社酒店』に似た感じだな。
二軒目は通りを渡って『赤丸食堂』で瓶ビール、鯖の煮付けなど。最近は終日営業では無くなったようだ。そのまま弁天町から一駅だけ電車に乗って安治川を渡り西九条。
三軒目は阪神西九条駅高架下の立ち呑み『こばやし』で瓶ビール、燗酒、焼酎、どて焼き、牡蛎フライなど。まだ暖簾も出していない時間だったのに先客が四人。昼酒のハシゴで酔っぱらった。阪神電車で神戸方面へ帰る、壊れかけのN子ちゃんとここで解散。居眠りしながらの環状線で、目が覚めたら天満駅。乗り過ごしたけれど嬉しい。

c0102003_17285464.jpg

c0102003_1729994.jpg

c0102003_17292630.jpg

c0102003_17294333.jpg

c0102003_1730479.jpg

◎大阪市港区/弁天町駅付近
[PR]
Commented by 山之辺 at 2008-11-27 10:34 x
庶民の暮らしぶりが写されてますね。
座りの悪さというかバランスの悪さというか日本。
ドイツは機能美主義というか合理的な国ですね。
ビールと呼べないものを売ったり買ったりするなんてありえない。

白菜と豆腐に少しの豚肉。チープな鍋。雰囲気だけ。
鯨が安けりゃ水菜とでハリハリ鍋といきたいけど今じゃ無理だ。
薄揚げで代用するしかないかな。修行僧の気分。
Commented by Shashin_Zake at 2008-11-27 17:26 x
●山之辺さん──
日本全国どこのお宅も財産が外にはみ出していますね。
庭やベランダはもちろん、道路や高架の下、盛土ののり面まで。
財産が多すぎるんですね、みなさん。

立ち呑みで、寄せ鍋できるとこありませんかねえ。
by Shashin-Zake | 2008-11-26 17:31 | カラー写真 | Comments(2)