肴誉め

月曜日、久しぶりに“ザキチョー”の酒屋『盛進商行』で立ち呑み。先客六人。カップ酒を燗で遣っている間にみなさんお帰り。ご当家の娘さんがが鹿児島から帰省中とのことで、土産の本場薩摩揚げを一枚お裾分けでいただいた。やおら取り出されたその薩摩揚げは、立派な木折りにぎっしりと並べ詰められていて、黄金のように輝く揚げ色具合、よくぞ計らったと感心させる大きさ形、一目見ただけでも風格の違いが解る。お味はと言うと、そこいら辺りの薩摩揚げとはもはや位が違い過ぎていて、完全に美味しい。おそらくこの上は無いだろうとさえ思える。で、結局、カップ酒の燗を二本、発泡酒半リットル、焼売、件の薩摩揚げ。

c0102003_17421268.jpg

c0102003_17422728.jpg

c0102003_17423419.jpg

c0102003_17425739.jpg

c0102003_17431410.jpg

◎大阪市北区/天六(大阪市立「住まいのミュージアム」展示より)/四枚目の写真は大正十三年頃の、いわゆる中崎町付近。市電の跨線橋に興味津々。
[PR]
Commented by Jukensei at 2009-03-24 20:38 x
あああっ、これですわ。
城東線の地平時代の絵図。
以前から一度見てみたかったんです。
Commented by monopod at 2009-03-25 01:14
一枚目、面白いですねぇ~
何かの模型ですよね。
市電を住み処にしているのですかね?
Commented by Shashin_Zake at 2009-03-25 17:50 x
●Jukenseiさん──
8階の床に「大阪市パノラマ地図」を拡大して貼ってあります。
復刻版も売ってるようですが、現在品切れ中でした。
さすが、Jukennseiさんのご推察どおりでしたね。
Commented by Shashin_Zake at 2009-03-25 17:51 x
●monopodさん──
「城北(しろきた)バス住宅」のジオラマ。
戦災で家を失った方のために大阪市が用意した木炭バスの仮設住宅です。真ん中が共用施設。
「毛馬(けま)バス住宅」もあったそうです。
by Shashin-Zake | 2009-03-24 17:45 | カラー写真 | Comments(4)