コンビーフ

火曜日、元町の酒屋立ち呑み『赤松酒店』でちょい呑み。ビールの小瓶を一本と燗酒をコップで一杯。アテは塩鮭。広い店内、ほとんどのお客さんが瓶ビール。暖かかったもんなあ。
先日の花見会に持参して好評だった「ゆでピーナッツ」の買い置きが無くなったので、元町商店街の「KALDI COFFEE FARM」を覗いて買い足した後、モトコー(元町高架下)へ。
久しぶりの「たちのみ屋・ARIGATOU」で「角」のロックを四杯、アテは赤ウインナー。お隣で呑んでおられた日本画家さんとは同世代ということで、「初めてコンビーフと出会った時、どうやって喰ったか」など、初対面ながら色々な昔話で盛り上がった。私の場合は刺身と同じように山葵醤油だった。小学生の頃、田舎町にはマヨネーズはもちろんのこと、ケチャップもなかった。これは今も続けている食べ方。“通”の食べ方なのだ。

c0102003_1842347.jpg

c0102003_184365.jpg

c0102003_1845022.jpg

c0102003_185337.jpg

◎神戸市中央区/JR神戸駅付近
[PR]
Commented at 2010-04-09 22:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Shashin_Zake at 2010-04-15 12:04 x
●非公開コメントさん──
今、気付きました。遅くなりました。
立ち呑みでは定番の缶詰メニューですが、奥様方の買い物では無くなりましたね。
by Shashin-Zake | 2010-04-07 18:06 | カラー写真 | Comments(2)