日が暮れていても薫風といえるのか

火曜日は阪神尼崎で二軒。一軒目は南側。お寺がいっぱいある辺りの東側で、めちゃめちゃ渋い角打ちを見つけたので、さっそく一杯。瓶ビールを一本と「おかき」だけだけど、四百九十円。コの字型に並んだ、涙が出るほど懐かしいガラスのショーケースの上で呑む、お米とお酒の『小笹商店』。
そして『下山酒店』。清酒「醉心」をコップで二杯。どちらの店も引き戸が大きく開け放たれていて、風が気持ちいい。


c0102003_17173082.jpg


c0102003_17173257.jpg


c0102003_17175012.jpg


c0102003_17182075.jpg



◎神戸市中央区/湊川神社付近
[PR]
Commented by papa at 2012-05-24 10:43 x
ご無沙汰でございます
シブい角打ちのお店発見されたようですねぇ
その、楽しさ良くわかります(笑)
Commented by Shashin_Zake at 2012-05-24 17:29 x
★papaさん──
お久しぶり!
たいがいの酒屋立ち呑みでは驚かなくなりましたが、ここはいいですね。
ぜひお訪ねください。
by shashin-zake | 2012-05-23 17:19 | カラー写真 | Comments(2)