薄暮の町をハシゴ担いで

月曜日は久しぶりに尼崎あたりでお酒屋遊び。
まずは南竹谷町のお酒屋『ひわだ酒店』で「松竹梅」のカップ酒を一本と缶ビールを一本。アテは「枡千」の天ぷら(さつま揚げ)。猫ちゃんが帰ってきたので、引き戸を開けて中へ入れたあげた。ここの猫ちゃんは元気がいいねえ。
二軒目はお酒屋さんではないけれど、宮内町の天ぷら立ち呑み『丹波屋』で「泉正宗」を冷やで二合。アテは茄子と玉ねぎの天ぷら。
最後は開明町のお酒屋『小笹商店』で「松竹梅」の冷やをコップで一杯と、瓶ビールを一本。アテは冷や奴。ガラスのショーケースの上で呑む。ショーケースの中にならんでいたパン粉を買って帰ろうかと悩んだけれどやめた。そんじゃ帰りましょうかね。


c0102003_1821994.jpg


c0102003_18229.jpg



◎兵庫県尼崎市/阪神尼崎駅付近
[PR]
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2013-06-05 08:45 x
ショーケースの上で飲むのは、独特の哀愁でええですね。
呉羽中島で、盛心  音楽家の方に、なんと2回続けて
超まれな、ばったり酒ですね。
Commented by 立ち呑みAKUDOU at 2013-06-05 08:47 x
写真酒さん、

わかりました。禁止用語に「会う」「あい」「会える」が含まれています。さきほどのコメント何度書いても拒否。「会えた」を削除したら投稿できました。
Commented by Shashin_Zake at 2013-06-05 17:11 x
★立ち呑みHAKUDOUさん──
「小笹商店」はこざっぱりした角打ちです。小粋な感じで、どちらかというと江戸風情。「ひわだ酒店」は哀愁感てんこもりで、関西風味。「誠心将校」の上をいきます。

「合えた」とか「合う」「あい」とか、普通に使う言葉は禁止リストに入っていません。何かの加減ではないでしょうか。
by shashin-zake | 2013-06-04 18:03 | カラー写真 | Comments(3)