店長は料理上手

火曜日。湊川神社の『神戸かくうち』で立ち呑み。燗酒二合と瓶ビールを一本。つまみは筑前煮と煮鰯。
ふるさとの福岡では筑前煮とは言わず、「がめ煮」という。関西のそれとは、材料は同じでも出来上がりは別ものだと思うけれど、そのことでどうのこうの言うつもりはない。これはこれで、めちゃ美味しい。バンザ〜イ!


c0102003_1732683.jpg


c0102003_17322297.jpg


c0102003_17325042.jpg


c0102003_1733146.jpg


c0102003_17334398.jpg



◎神戸市中央区/三宮町
[PR]
Commented by waku59 at 2014-01-29 21:14
「がめ煮」ないし「筑前煮」。ワクの大好きなアテです。

かつて実家では「おでん」を「かんと煮(関東煮)」と呼んでたけど
今でもそう言いうのかな。言わないでしょうね。死語でしょうね(笑)
Commented by 呑みHAKUDOU at 2014-01-30 15:57 x
なるほど。そうでしたか。
「がめ煮」関西で無いと思えば「筑前煮」
なんですね。

名前が違えば味も違うでしょ、微妙に。

Commented by Shashin_Zake at 2014-01-30 17:12 x
★waku59さん──
“宴会一番乗り”のワクさん、お久しぶりです。

「筑前だき」という人もいますね。
「関東煮(かんとだき)」は今でもこちらでは普通に使ってますよ。天満の有名店(おでんの立ち呑み)には「関東煮」と染め抜いた大きな暖簾がかかっています。
梅田にも「関東煮」を称する有名おでん屋さんもあったりして、しっかり生きてますよ。
Commented by Shashin_Zake at 2014-01-30 17:16 x
★立ち呑みHAKUDOUさん──
「がめ煮」がだんだん上品になって「筑前煮」という“お料理”になったような感じですね。
じいさんが鶏小屋から一羽つかみ出してきて、ばあさんが根菜類といっしょに大鍋で炊きましたから隣近所2〜3軒分が出来ました。トサカも足も入ってましたな。足は途中で引っぱり出して、子供が皮を喰い、骨だけになったものを犬にやると喜んでかじってました。
Commented by 神戸のおいさん at 2014-01-30 21:34 x
神戸角打ち学会『角打ちの日・7月11日』のポスター修正、有り難うございました。
昨日は、公園前から「神戸かくうち」に、遅まきながら新年のご挨拶に、オーナーはおられませんでしたが店長にご挨拶、明日8名でお邪魔することを伝えました。
明日、北九州の角文研の方々が3名来神されます。
赤松酒店、公園前、神戸かくうち、・・・と巡ります。(神戸かくうちは9時頃か!?)
Commented by Shashin_Zake at 2014-01-31 17:36 x
★神戸のおいさんさん──
昨晩(木曜日)うかがった際に、来られたという話を聞きました。
そういえば会長とは年が明けてからまだお会いしてませんね。ご無礼をお許しくださいませ。
by shashin-zake | 2014-01-29 17:34 | カラー写真 | Comments(6)