写真機家は鬱陶しい

先週の木曜日。湊川神社の立ち呑み『神戸かくうち』で燗酒三合瓶ビールを一本。つまみはなんだったかなあ?  忘れた。
金曜日は神戸角打ち学会の会合。流れの最後の方で合流。湊川神社の『神戸角打ち』で八名ほどの宴会。よく解らないまま楽しみましたな。燗酒を三合と瓶ビールを一本。
土曜日は南京町の『赤松酒店』で昼酒。燗酒二合と瓶ビールを一本。「春節際」の真ただ中の南京町。にぎやかですな。そこここで、いわゆる写真機家たちが無駄な長玉を首にぶら下げて突っ立ております。写真を撮っている風でもないので、写真機を見せびらかせているんでしょう。望遠崇拝ですな。そんな中、杖をつき、腰を曲げて足早に路地を歩くおじいさんに遭遇。その左手にはしっかりと一眼レフが握られている。どう見ても最新式のカメラでないが、チャンスがあればすぐに右手でシャッターを押せる態勢だ。
素晴らしい。素敵だ。こんな大先輩と、カメラだとか、写真のことだとか、ゆっくりとお話をお聞きしたいと思った。いい話をいっぱいお持ちのはずだ。そのうちに、きっと再びお会いできると思う。その時にはぜひ。


c0102003_1982472.jpg


c0102003_19839100.jpg


c0102003_1985165.jpg


c0102003_1993578.jpg


c0102003_1992035.jpg


c0102003_19105269.jpg



◎神戸市中央区/元町通(南京町)
[PR]
Commented by nakky85 at 2014-02-02 23:29
>写真機家は鬱陶しい

御意です(笑)
Commented by Shashin_Zake at 2014-02-03 16:59 x
★nakky85さん──
アハハハ
人それぞれにそういうものがありますよね。
自分のことは棚に上げときました。
by shashin-zake | 2014-02-02 19:10 | カラー写真 | Comments(2)