跳ね橋上がれ。お願いだから上がれ。

土曜日、尼崎の五合橋線にある東高洲橋を見に行った。この橋は東堀運河と庄下川を結ぶ高洲運河を跨ぐ橋で、船舶航過のために一日五回、三十分づつ決められた時刻に跳ね上がる。航過船が無ければ上がらない。昭和三十一年に架設されたが、四十一年に架け替えられていて、これが二代目にあたる。
橋の長さは約四十七メートルで、この内の十六メートルが方観音式に跳ね上がるので、分類的には可動橋の中でも跳開橋ということになる。一週間に二回ほどしか上がらないという話しもあって、上がったところを見た人は少なく、写真が撮れたら宝物かも知れない。
私も三度出掛けているが、毎度引き下がってきた。もう諦める。橋の上は大型車両の通行でたえず振動している。バスで行くと楽なのだが、便が悪く歩いた方が早い。結構遠いがもう慣れた。
帰りは阪神西大阪線に乗って西九条へ。咽が渇いていたので脇目も振らずJR高架下の立ち呑み「吉(よし)」に飛び込んで瓶ビール二本と焼き茄子。
西九条、阪神の延伸線工事も進んでいるが、どでかい高架橋の出現でえらいことになっている。

c0102003_13504648.jpg

c0102003_1351575.jpg

c0102003_13512429.jpg

c0102003_13514352.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-06-04 10:28 x
土曜の昼に出掛けたら陽を浴び過ぎて、ぐったり。
散策時には日射病予防に水分補給を。
歩くということは撮影すると同義語なんですね。
Commented by Shashin_Zake at 2007-06-04 18:52 x
これからは帽子も必要ですね。
いつもリュックに入れてはいますが、使いません。
写真撮るには歩くのが一番ですね。
何でもよく見えます。
by Shashin-Zake | 2007-06-03 13:54 | モノクロ写真 | Comments(2)