地雷を避けて歩く。

火曜日、八時半、久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」へ。発泡酒ではなく瓶ビールを抜く。続いてカップ酒を一本、アテは鶏肝煮付け。テレビからラジオに切り替わった阪神戦を見たり聞いたりしながら、九時半頃店を出て中津辺りまで歩く。
ここまで来たのならついでだと、人気のない橋伝いに淀川を渡って十三まで歩く。せっかくの十三だから、一杯だけと思って西口の立ち呑み「銀ちゃん」に入る。瓶ビールと鯖の煮付け。ここの鯖は旨いと思う。
チケットが四百円分手元に残った。また行かな……。もったいないし……。と思って行けば行ったでどうせ足りないのだから、またチケットを買う。こうして、ついに逃れなくなる仕組みになっている。一連、千円分、一回で使い切るのが逃げ延びるコツ。
立ち呑み「にしき庵」の前を通る。以前、えらい目にあった。地雷を踏んでしまったのだ。それも二発。

c0102003_19521864.jpg

c0102003_195236100.jpg

c0102003_19525424.jpg

c0102003_19531334.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-06-07 10:03 x
スナックボトルキープ数え切れないほど放棄してしまう。
長らく行かずに酔った勢いでつい覗くとウイスキー蒸発したそうな。
店主見越して焼酎キープで格安感を演出し楔を打とうとする。
仕方なく高価な小瓶ビールで茶を濁し逃げ帰る。

白熱灯は暖かい。蛍光灯は青白く寒々しいが効率良し。

淀川の天然鰻。江戸で脂が乗って珍重されているようだ。
浪花人なら汚れたイメージで食す気が失せるかも。
極楽十三への三途の川に架かる橋の形相。
Commented by Shashin_Zake at 2007-06-07 17:10 x
ボトルキープ、若い頃よくやりました。
なぜか蒸発しますね。
友人のボトルも蒸発させましたし。
「スナック」「ボトルキープ」……。
今では声にして出すのも、なぜか気恥ずかしい。

三途の川とは、よく仰いました(笑)
次回は残った400円の紙札を懐に、大船とはいかないまでも、小舟には乗った気持ちで渡ります。
by Shashin-Zake | 2007-06-06 19:55 | カラー写真 | Comments(2)