『角』でびっくり。

木曜日、久しぶりに覗いた中崎町の酒屋立ち呑みに『角』のポケ瓶が入荷している。店主への感謝の気持ちと敬意を表してさっそく一本いただくことにする。コップに氷を入れて、アテにはなんと呼べばいいのか、鶏肉の入ったレンコンとゴボウのきんぴらのようなものを一つ。家庭の“おかず”の様な出来上がりでそこそこの量がある。ポケ瓶が六百五十円で“おかず”が三百五十円、合わせて千円丁度になるはずだ。いつものように区切りがよくて気持ちのいい組合せ。
ちょっとだけ普段より長居をしてしまって、さてお会計。千円札一枚右手で突き出して、広告の裏紙で筆算しているお兄ちゃんの手が止まるのを待つ。そして、その口から出た仰天のせりふ。
「はあい、おおきに。千四十円!」
「あれ! なんで、なんで? 値上げしたん? そんなん聞いてへんで!」
「う〜ん……。ちょとだけなあ。問屋がきつうなってなあ、今までみたいに聞いてくれよらんのや」
「ふ〜ん、ほな、もう四十円やね。四十円あんで。十円で四枚、お釣りちょうだい」
「……ん? なんぼもろた?」
「千四十円はろたから、四十円のお釣り」
「ハッハ、ほな、ちょうどもろときます。ごめんね、おおきに。気いつけて!」
まあ、いいか。頭に七の字が付いたらもったいないから呑むまいと思うが、ぎりぎりで六の字が付いている。危ない、危ない。

c0102003_1835413.jpg

c0102003_184156.jpg

c0102003_1843567.jpg

c0102003_1845636.jpg

[PR]
Commented by 偽名 at 2007-07-06 20:38 x
えー…。1040円。高い? そんなもん? わからん…。「値段」て一体とどのつまり誰が最終決定下すんですかいな。
Commented by 山之辺 at 2007-07-07 10:14 x
やはり薄利でしたか。葛藤があったんでしょうね店主。
デフレ脱却し、すべての原材料が値上がりしてきてます。
まぁ自分も値上げ請求したいところだが、誰かが泣くはめに。
分からないようにチビチビ上げるのが、よろしいようで。
上流のほうから賃金が上がる世の仕組みです。
まぁ偽装してまで安くても後が怖いですが。
Commented by Shashin_Zake at 2007-07-07 14:23 x
偽名さん
まあ、売る側は自分でも高いと思っているでしょう。
でも、これ一本呑んだらもう呑みませんから、呑む側にとっては安いかも。
Commented by Shashin_Zake at 2007-07-07 14:29 x
山之辺さん
私なんか下流と言うより、河口におりますんでいつも泣き役です。
安酒探し求めて、ビクビクしながら呑んでいます。
by Shashin-Zake | 2007-07-06 18:05 | モノクロ写真 | Comments(4)