源八橋、その一。

雨は降っていないが、晴れているかというとそうでもない薄曇りの土曜日。午後三時を過ぎたあたりから源八橋を見に行った。環状線で桜宮まで行って、橋と戯れた後は咽の渇きを癒しに天満へ向かい、冷たいビールを楽しもうという道楽者ならではの企み。
源八橋も私の好きな橋の一つ。ばん桁橋は素っ気ないものが多くて、トラス橋やアーチ橋などと見比べると迫力には欠けるが上手者の手に掛かると実にうまく景観と馴染む。源八橋はその典型であって、その美しい姿が橋を囲む素晴らしい風景と互いに引き立てあっている。前にも書いたが、ここいら辺り、個人的には大阪でも一番美しい場所の一つだと思う。
さて、日暮れにはまだ早い六時半、企てどうりにビールを追って、久しぶりに天満駅前の「銀座屋」に入る。瓶ビールをもらってコップに注ぎ、冷たい一杯目を一気に流し込もうと頭を振り上げた時、向かいのカウンターからにこにこ顔でこっちを見ている鳶のIちゃんと目が合う。早速向こう側へ移動してあれこれと立ち話。話が米屋のYちゃんの悪口になった丁度その時、当のYちゃんが首に白タオルぶら下げて入ってきた。今度は三人の立ち話で弾みがついて悪口の矛先は某酒店の○○某へ。みんな気のいい者同士なのに油断がならない。この私も何を言われているかわからいな。
瓶ビール一本と白波のロックを二杯、厚揚げ焼きとトマト。一抜けたで先に帰る。

c0102003_1411294.jpg

c0102003_14115724.jpg

c0102003_14122069.jpg

c0102003_14124411.jpg

c0102003_1413446.jpg

[PR]
Commented by Jukensei at 2007-07-08 16:15 x
大川でこんなん釣れるんですか。
すごいですね。
Commented by 山之辺 at 2007-07-08 17:31 x
三枚目の写真は東京の櫻で有名な風景に似てますね。
千鳥が淵だったか。

中国。生きた鯉をウロコを取って切れ目を入れ油で揚げる。
なのに食卓に出しても生きてて口をパクパクしてるんです。
奥が深すぎます中国は。

川釣りでも釣り人らしい格好してますね。名人だな。
Commented by Shashin_Zake at 2007-07-09 17:15 x
Jukenseiさん
目の前で実物を見た時はびっくり仰天でした。
釣る人が釣ると、釣れるんですね(意味不明?)
高度な技があるんでしょうね。
Commented by Shashin_Zake at 2007-07-09 17:20 x
山之辺さん
たぶん名人なのだと思います。
記念写真をお撮りになった後、鯉を大川へお戻しになりました。
持って帰らないんです。大き過ぎるからでしょうか。
それともそういうものなんでしょうか。
by Shashin-Zake | 2007-07-08 13:58 | モノクロ写真 | Comments(4)