日本橋で立ち呑み新店、発見。

土曜日、日本橋の電気街へ、またまた部品を仕入れに行くことになり数や仕様などの細かいことを確認して、何時頃出ようかと同僚と思案する。「日本橋」と想像しただけで汗が出てきそうな上にこの暑さ。日盛りはいくら何でも止めておこうということになり、いろいろと都合の良い夕方五時頃の出発に決定。
地下鉄谷町線の東梅田から南森町で堺筋線に乗り換え、えびす町で降りて南側から地上に出る。阪神高速の下をくぐり直して電気街の一本東の通を北へ歩く。電気街(堺筋)は人が多くて歩きにくいので、目的がはっきりしている場合はこういう歩き方が合理的だ。少し歩いて日本橋四丁目の交差点から少し東に入ったところにある「デジット」が目的のパーツ屋さん。
途中、同僚の一言。
「あっ、酒屋、ありまっせ!」
「どこ? あっ、ほんまやなあ。立ち呑みやっとんかな」
「立ち呑みーゆうて書いてありまっせ」
「どうしょ、先に電気屋行ってまお……」
さて、仕事もそこそこに後戻り。最近この辺りに次々と完成している市営の高層住宅の一階。「日外(あぐい)酒店」暖簾にかなが振ってある。新しい店舗なのに、なかなかいい佇まい。店内に古めかしく堂々たる酒店の写真が額に入れて飾ってある。軍艦アパートの一階で営業されていた店舗の外観写真だとか。解体のため、立ち退いてこちらに越してこられたというお話。落ちつくなあ、昨日今日ではこの味は出せまい。瓶ビール二本とおでんの盛り合わせでサクッとすませる。また来よう。
その後、新世界を観光して「あべの銀座」にある立ち呑み「名門酒蔵」へ向かう。瓶ビールやら焼酎やら天麩羅やら、いかげそとかハムなんかで酒盛りをして汗だくに。さらに少し歩いて名店「明治屋」の斜め向かい辺りにある立ち呑み「青空食堂」でちんちん電車を眺めながら、焼酎。同僚はなにやら小難しい洋酒。それに塩豆。天王寺駅前の陸橋の上で小娘が大勢でなにやらの見物中。
「ねえちゃん、なんか見えんの?」
「はなびー!」
またかよ……。「見えるもんは見とかな」と思って暫くの間二人で棒立ちになっていたが、終わってしまったのかついに見えず。淀川の花火がここからも見えるらしい。環状線で梅田に戻る。

c0102003_15443997.jpg

c0102003_15445762.jpg

c0102003_1545131.jpg

c0102003_154530100.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-08-05 17:24 x
えらいまた大きなビリケンさん。
神戸駅南にもあるようだ。
通天閣のビリケンさんは足の裏が磨り減って。
3階にホールがあるんですねジャズやってました。
少し昔に地下の通天閣劇場で寝っ転がって演歌を聴きながら
一杯もオツでした。
横綱。仮病で灸をすえられた。

暑くてパンツ一丁状態が続く。
Commented by Shashin_Zake at 2007-08-05 18:18 x
山之辺さん
新世界、いつの間にか串カツのフードパークになってしまいました。
観光客用の串カツ屋ばっかりです。中国語が飛び交っています。
「横綱」になる前は大関ではなく、「日よし食堂」といういい感じの食堂でした。
ついこの間まで、おかずをアテに昼酒呑んでおりましたが、残念です。

通天閣は恐ろしい形をしていて、見るのが怖いです。
by Shashin-Zake | 2007-08-05 15:46 | モノクロ写真 | Comments(2)