春日野道で、立ち呑みの新店発見。

土曜日、午後からお使いに出されて神戸の春日野道へ部品を届けに向かう。酷暑の日盛り、年寄りにとっては命がけの仕事。マイ水筒に冷水を詰め、目を閉じて十字を切る。午後三時頃、お使いの仕事も無事に果たし、暫し雑談で小一時間ほどを過ごした後は既に当所で仕事をしていた同僚とまだまだ日の高い表に出る。先日、この同僚から「ようわからんけど、立ち呑みでけてまっせ。足、見えてましたわ」と報告のあった新しい立ち呑みに寄ってみることに。
春日野道商店街を上り詰めた辺り、コープの直ぐ近くで、阪急春日野道駅も目と鼻の先にある。「祝大漁 海生丸」と描いた大漁旗が掲げてあるが、これは屋号ではなさそう。外壁にも屋号は掲げて無く、店先に置かれた行灯看板には魚の絵が二匹分と漢字で「家」と書いてあってなんのことなのかよく解らなかったが、聞いてみてやっと「とと家」であることが解った。
一番搾りの生ビール、一杯二百八十円をいただいてまずは乾杯。黒板に白墨書きの“本日のオススメ”の中からタチウオの刺身を撰ぶと、「今日はガシラの方がいいですよ」とのことで、何処にも書いてないけれど素直に聞き従う。よくあるやり取りだが裏切られることはなく美味しかった。生ビール二杯目のアテは印刷メニューの中からタコの唐揚げを撰ぶ。熱々で結構な量もあってとても美味しい。
日本酒も呑んでみようと思ったが、一杯五百円ではちょっと無理。お酒の取り揃えや値段、アテの選択などに少しばかりバランスが取れていないかな。だんだんこなれていくことだろう。店内は広くてカウンターもかなり高い位置にり、もたれ掛かっていると心地よくて長居してしまいそうだ。一人当たり千円弱くらいだったような気がする。

c0102003_1513930.jpg

c0102003_15132727.jpg

c0102003_15134490.jpg

c0102003_1514211.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-08-13 11:44 x
日曜は早朝から墓参り。
盆なので参拝者の多いこと。
出掛けたついでにというと変だが久々に映画を観る。

広い店は気持ちいい。家より狭い店で肩身の狭い思いで飲むのは苦痛。
盆休みで安心してアルコールの量がすすむ。
いつ寝ようが罪悪感も皆無。墓参り後は少し重石が取れた感覚に。
まぁ遅かれ早かれ墓石に納まるのだが。

春日野道の東の大安亭は昼網が入るから魚魚屋家かな。
昨日はなぜか岸壁渡し船での釣果のおこぼれスズキを刺身で食べた。

キューピーちゃんの小さいのをたくさん買ったのを箸置きにしようか。
でも背中の羽が邪魔だな。
Commented by Shashin_Zake at 2007-08-13 16:43 x
山之辺さん
映画、観なくなりました。
最後に観た映画は「WATARIDORI」でした。
ぶったまげました。

とれたてのスズキ、想像するだけでも顔がほころびます。
テレビの真ん前で、少し冷やした一升瓶を横に置いて……。
キューピーちゃんの羽をむしりながら……。
by Shashin-Zake | 2007-08-12 15:14 | モノクロ写真 | Comments(2)