所詮は豆知識、豆知識!

水曜日、出掛けたついでに堂島大橋北詰から職場まで歩いて帰ってみた。通りの名前が何なのかは解らないけれど、明治時代まで曾根崎川(蜆川)が流れていたが「天満焼け」の後埋め立てられて、現在は道路になっているところ。
道路を東へ行くと今も昔のままの姿を留める出入り橋に繋がっているが、川はこの橋よりほんの少し北側を流れていて、北新地から更に東の裁判所の裏を通って堂島川に開いていた。西側は堂島大橋の少し西で同じく堂島川に開いていて、メリヤス会館のある交差点に堂島小橋が架かっていた。昔、大橋があれば必ず近くに小橋があった。
堂島川と曾根崎川に挟まれていたた中洲がいわゆる堂島と呼ばれていたところで、川が埋められた今でもそう呼ばれている。近松の『曽根崎心中』『心中天網島』縁の川。
どうでもいい豆知識はそのくらいにして、まあずいぶんと変わったもんだ。NTT、検察庁はもとより朝日放送の新社屋、何やらのどでかい高層マンション、と言うか私の嫌いな「塔」も完成間近。朝日放送の新社屋は無愛想で何だか何処ぞの物流センター風情ですこぶる不満。
大物は目障りだけれどメリヤス会館辺りは神戸の元町界隈の路地を彷彿とさせる、なかなかいい表情を出しつつある。レストラン、カフェなんかが申し合わせたようにメリヤス会館の雰囲気に息を合わせているようにも見える。
これから先、京阪中之島線の開通もあり、JR環状線福島駅、東西線新福島駅、阪神福島駅と結構便利なこの辺り、人の流れも変わるんだろうな。うん、解った。で、この通り、立ち呑みをどうするつもりだろうか。何とかしなければ……。

c0102003_19302050.jpg

c0102003_19304137.jpg

c0102003_19305739.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-11-23 12:28 x
テレビ局って派手好きなのか競って変てこな建物を建てるな。
大阪証券取引所のビルもでかっ。関電ビルでかっ。
人の流れに取り残された場所は、家賃も安いので若者の店が進出して
堀江のような店並を構成していくんだろか。
賑わい出すと今度は資本家が資金を投入して元の木阿弥。
人の流れって店にとっては死活問題だな。
天神橋のトライアングル寿司屋うまそうだったテレビで拝見すると。

まず線路を通す計画を練って、その周辺を先取りして土地を買って
政治家と資本家が結託してやってるんだろな。
失敗したのが舞洲か。無茶はいけませんな。
Commented by Shashin_Zake at 2007-11-24 12:52 x
山之辺さん
感電ビルはでかいうえにガードが堅くて怖いですね。
眺めているだけでも何か言われそうです。
むりやり作った街には“界隈”を感じませんね。
用が済んだらさっさといつもの路地に帰りたくなります。落ちつきません。
閑空付近なんかもそうです。行きたくないんです。
by Shashin-Zake | 2007-11-22 19:32 | モノクロ写真 | Comments(2)