湯豆腐

月曜日、職場近くのコンビニでワンカップ大関の「ブラックラベル」を発見したので二本買ってみる。百五十円くらいではなかったかと思う。職場を出る前に呑んでみたけれど普通に旨い。
遅くなったので遠いところまで足を運ばず、新梅田食道街の立ち呑み「大阪屋」でちょっと一杯。燗酒を一合と湯豆腐、スジ。
おばちゃんがおでんの厚揚げと湯豆腐を間違えてしまったので妙な組合せになってしまった。カツオ節、とろろ、葱がたっぷり乗った湯豆腐の器に、誰かにお裾分けしてもらったかのように串刺しのスジが一本。おもわず笑ってしまう。
「にいちゃん、ごめんやで」
「ぜ〜んぜんかめへん! 昨日今日の仲ちゃうやんか」
暖まったところで中津まで歩いたら、さすがの“にいちゃん”もすっかり体が冷えてしまった。

c0102003_17355237.jpg

c0102003_17361040.jpg

c0102003_17362752.jpg

c0102003_17364492.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-11-28 11:02 x
スジひとかけらは、誠意でしょうか。
「ねえちゃん、にいちゃん」は敬称で
若者に「おっちゃん」と呼ばれると何か寂しい。
ワンカップ大関は昔にしたら大ヒット商品ですね。
手軽さが受けたのかな。湯せんもできるし。
呑み終えた頑丈なコップが捨てられず鉛筆立てなどに。
三枚目の写真は光の回り具合がなんともよろしいですね。
Commented by Shashin_Zake at 2007-11-28 17:14 x
山之辺さん
おでんの厚揚げとスジを頼んだんですが厚揚げが湯豆腐にばけました。
3枚目の写真ありがとうございます。
この建物の角に“速達郵便専用”の青いポストが立っています。
使う人がいるんでしょうか。珍しいものを見ました。

カップ酒の硝子は耐熱なんでしょうか。
耐熱ならいろんな使い道が有りそうですね。
by Shashin-Zake | 2007-11-27 17:37 | モノクロ写真 | Comments(2)