歩く、歩く。

木曜日、なんやかんやで職場を出るのが遅くなってしまい、どうしようかと思案しながらとりあえず阪急中津駅までとぼとぼ歩く。
十時閉店の駅前立ち呑み「マルヨシ」の前に至ったのが九時五十分。ちょっとだけでもと思って入る。八州一の燗とおでん。おでん鍋が見えないので何が有って何が無いのやら解らないけれど、厚揚げと大きな大根。
燗酒もう一本お願いして都合で二合。十時を回ったのでこの日はこれで切りあげる。六百八十円。忙しかった。

c0102003_17171568.jpg

c0102003_17173175.jpg

c0102003_17174925.jpg

c0102003_1718798.jpg

[PR]
Commented by 山之辺 at 2007-12-15 10:51 x
ご多忙そうでなによりです。
昨夜までシャックリが止まらず辟易。
止まったと油断して珈琲を胃に流し込むと即座に反応して再発。
脳は止めようと意識はするが胃が敏感に察知し拒否。ふう疲れる。
深夜まで止まり木で煙草と痛飲。喉も痛い。
相当な体力的負担なんだが酔いで麻痺。
昨年末の新品キープボトルが奇跡的に2cmくらい残されてた。
また来年と挨拶し解散。

マルヨシ。ぽつんと夜の分かれ道に。吸い寄せられたい。
Commented by Shashin_Zake at 2007-12-17 11:51 x
山之辺さん
シャックリの方はその後どうでしょうか。
キープしたボトルは何処でも同じ様な運命をたどりますね。
不思議なものです。

マルヨシ、提灯でも吊り下げると風情が出るんでしょうが、それも無し。
「立ち呑み処」とも「酒」とも書かず、ぶっきらぼう。
そこがここの店主らしくていいところなんですが……。
by Shashin-Zake | 2007-12-14 17:19 | モノクロ写真 | Comments(2)