やられた!

やられた!
月曜日、かなり暖かくなってきて、真冬のままの格好ではちょっと苦しいかな。中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」で軽く呑んで帰る。
最初に燗酒をお願いしたが、気のせいか呑みにくいので次は瓶ビール。アテはキクラゲ入りの薩摩揚げ。合わせて九百八十円のはずなのだが、なぜか千十円の勘定になっている。さては値上げしたな。犯人は瓶ビールで、三十円の値上げなのか。
ここは値段の表示が一切無いから困るんだ。まあ、十円はおまけしてくれたけれど、やられたな……。もう二度とけ〜へんど!
火曜日、同僚と阪急梅田駅傍の酒屋立ち呑み「ビンゴヤ」を覗く。九時の閉店まで三十分ほどしかないので大急ぎで瓶ビール三本とおでん盛り。九時前には店内の電灯がぱっと消え、精算レジには行列が出来る。久しぶりにやられたな……。

c0102003_173214100.jpg

c0102003_17323091.jpg

c0102003_17324828.jpg

◎大阪市北区/茶屋町
[PR]
Commented by aizak3 at 2008-03-12 18:47
三枚目の「献灯」に驚きました。きれいな写真ですが壁の中に納まってんですねぇ。「献灯」って神社仏閣に奉納された石灯籠がフツーでしょ。なんかすごくモダンにみえますね。
Commented by 山之辺 at 2008-03-13 10:29 x
NHK朝ドラマは落語。繁盛亭に行ってみたい。
これは梅の文様なのかな。洒落てますね。
大衆居酒屋もこぞってビール値上げ発表してました。
30円くらいだったか。
値段表示してないと文句は言えませんよね。まさしく時価。
というか値上げしないと誰かが泣きをみる訳だから。
世界では日本が泣きを見ているのかなぁ。
Commented by Shashin_Zake at 2008-03-13 17:22 x
aizak3さん──
網敷天神社御旅社(つなしきてんじんしゃ おたびしゃ)です。阪急梅田ターミナルのすぐ傍にあって、周りをビルに囲まれたとてもコンパクトな神社。大阪市北区神山町にある御本社、綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)の末社で、歴史的には西暦901年の創建です。
敷地が非常に狭いため、鳥居、参道、狛犬、御本殿、授与所、末社、さらには御献燈までが実に無駄なく見事に集積されています。
御祭神は菅原道真公。いつもは神様がおられない御旅所とは違って、普段の時も神様がおられ、珍しい呼び方ですが“御旅社”です。学業成就はもとより旅行の安全を見守る神様として梅田の街を見守っておられます。
境内に末社である玉姫稲荷神社があり、この辺りに茶屋が並んでいた時代から、女性の守り神として恋愛成就、さらには商売繁盛を見守っておられます。近くには関西では有名な結婚式場「玉姫殿」があります。
Commented by Shashin_Zake at 2008-03-13 17:23 x
山之辺さん——
梅の御紋は御本社「綱敷天神社」の御旅所(梅塚天満宮)にあった紅梅と「綱敷天神社御旅社」の御祭神である菅原道真公に由来します。
明治の初め、上知令により失われかけた御旅所を梅田の氏神としてお祭りするために住民が土地を寄進し、立派な社殿を建立して茶屋町にお迎えしました。
御本社はこの時からここを御旅所ではなく立派な神社として扱い、境内外末社である「網敷天神社御旅社」としました。
ああ、神社の話は長くなりますねえ……。

ビールの値上げは仕方がありませんね。煮え湯を呑む感じです。
Commented by onigunsou182 at 2008-03-14 00:30
値上げの波は立ち飲み屋まできましたかっ!!
死活問題っすねっ!!
Commented by Shashin_Zake at 2008-03-14 17:42 x
onigunnsou182さん──
来ました!
ほんま、私みたいなビンボー人には死活問題ですわ!
どっかで粉末ビール売ってるとこ知りませんか?
by Shashin-Zake | 2008-03-12 17:34 | カラー写真 | Comments(6)