〈続〉いっぺん行っとこ。

土曜日、早めに切りあげて、仕入れた立ち呑み新店情報二件を元に同僚とお初天神付近へ向かう。まず一軒目は曾根崎中洲通り「本陣」の向かいにある立ち呑み「立呑屋 さくっと ばんざい」へ。夕方五時から翌朝八時までの営業。
「ねぎ食べ放題、松竹梅樽酒390円、スーパードライ〈大瓶〉390円、サザンオールスター」と染め抜いた暖簾が力強くて解りやすい。酒はなんでも三百九十円、店内のBGMは“サザン”百パーセント。瓶ビールの冷やし方が類型的でなく秀逸。
瓶ビール三本と大盛りキャベツ、鶏カルビ焦がし焼き、食べ放題のねぎ。焼き物は、綺麗なお姉さんがお店の前の炭火で、酒のグラス片手に上手に焼いてくれる。鶏カルビ焼き、抜群の旨さ。お姉さんに手を振ってお別れ! ここはまた行きます!
二軒目はお初天神境内に繋がる東側の狭い路地、説明しにくいけれどすぐ解る立ち呑み「いっしん」へ。和歌山県北山村の地酒「日本城」を冷やで、同僚は「じゃばら酒」を。
メニューがはっきりしないが、周りを見るとみなさん、マグロの刺身をアテにしているようなので名物かと思い、ばずは注文。摘んでいるともう一つ出てきた。酒とセットで五百円なんだそうな。結構なボリュームで美味かった。お隣のご常連さんによると「土曜日に来たのはラッキー」らしい……。もう一つよく解らない不思議なお店だけれど妙に面白いから酒をもう一杯追加。また行きます!

c0102003_17182434.jpg

c0102003_17184338.jpg

c0102003_17185798.jpg

c0102003_17191512.jpg

◎大阪市北区/天満(同心・末広町・天神橋・錦町)
[PR]
Commented by 山之辺 at 2008-04-28 18:54 x
コメント読むと呑みに行きたい気分に。
綺麗なオネエチャンを見ながらちびちびと。
色々と面白い店が次々とできますね。

「隠し蔵の三悪党」という焼酎を呑む。
「隠し砦の三悪党」黒澤映画のタイトルだった。
宮崎県って焼酎の蔵が多いのかな。

最近はうるさくなったのか、茹でタコとかマグロとか色がついてなくて
白っぽい。赤いほうが旨く思えてしまう性。
Commented by Shashin_Zake at 2008-04-29 12:23 x
◎山之辺さん——
“立ち呑みスタイルの小さな居酒屋”が増えていますね。
外から丸見えで、スタッフが女性だったら祝開店即満員御礼。

日曜日、阪神百貨店の「阪神 焼酎祭り」へ行ってきました。
蔵元のおっちゃんにべったり貼り付いて、試飲しながらあれこれしつこく聞きまくる人達。
黙って呑めばいいのに、うんちく垂れたがりの連中でしょうか。
by Shashin-Zake | 2008-04-28 17:21 | モノクロ写真 | Comments(2)