カフェにて

土曜日、午後七時半、きっちり一週間ぶりに中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』。カップ酒二本とゴーヤの煮物。
日曜日、『盛進商行』の常連さんが写真展を開催ということで、中崎の古い町屋を改装したオシャレなカフェに出かける。午前中ということもあってご当人は居ず、コーヒーを飲みながらゆっくりと写真を観賞。こういうお店には初めて入ったけれど、カフェと喫茶店はどう違うのだろうか。
午後は友人のN子ちゃんを誘って神戸は南京町の中秋祭を見物に。ここん家のお祭りは年中同じように見える。人出の多さに辟易して路地の奥の酒屋立ち呑み『赤松酒店』に避難。瓶ビールなどで昼酒の後「大丸」に潜り込んで栗原はるみさん監修の計量スプーンセットを買う。このセット、大さじ二杯用のスプーンもあって大変便利。
夕方、三宮駅で解散。天満に直行して駅前の立ち呑み『銀座屋』へ飛び込むと、すでに出来上がっている米屋のYちゃんと鳶のIちゃんが居て、人の悪口で盛り上がっている。間に入ってさらに油を注いでやった。瓶ビール一本、燗酒三合、鶏の唐揚げ。燗酒三合はIちゃんが奢ってくれた。

c0102003_14202568.jpg

c0102003_14204073.jpg

c0102003_14205610.jpg

c0102003_14211275.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
Commented by 山之辺 at 2008-09-16 11:51 x
世界が一気に問題が噴出している気が。
ロシア、北朝鮮、アメリカ…
身近では事故米か。十年前から焼酎とかに使用していたかも。
何でもきっちりやらないとあきませんね。計量も。
台風も接近中。株も暴落だ。庶民にも影響するからなぁ。
Commented by aizak3 at 2008-09-16 22:23
日本の「カフェ」は女給がいて酒類も提供し、「喫茶店」は女店員がいてコーヒーを提供する、場合によっては食いたくなくてもケーキも食わされる・・・なんてイメージですが・・・
パリに「カフェ」が登場したのはパリ大改造後で、路地を整然とした街路に改修し、路地にあった「居酒屋=パブ」(職人ギルドや労働者の溜まり場、同時に革命や騒動の揺籃場)を取り壊した後であり、店舗の仕切りを取り払って街路を取り込んで秘密性をなくし、文人、芸術家などに「コーヒー」を提供し、危険な労働者の場となることを排除したものだなんて、何かで読んだような気がしますが・・・
まったく当てになりません。
勤労人民にとって「居酒屋」こそまっとうなもの!「居酒屋」万歳です。
Commented by Shashin_Zake at 2008-09-17 17:27 x
●山之辺さん──
三笠フーズ、またもや事件は大阪から……。
大きな儲けをみんなで分け合っていた疑いも。
談合と同じ様な構造ですな。
Commented by Shashin_Zake at 2008-09-17 17:27 x
●aizak3さん──
面白い話しですね。勉強になります。
この年になると「カフェ」などと発音するのは気恥ずかしい。
コーヒーも阪神梅田駅で立ち飲みです。
Commented by 偽名 at 2008-09-17 20:50 x
「カヘ」です。かへ。エフの発音なんざできっこねーでしょ。ネーチブ以外には。
Commented by Shashin_Zake at 2008-09-18 17:27 x
●偽名さん──
「カ」はとにかくも、次の「フェ」がどうにも馴染めません。
by Shashin-Zake | 2008-09-15 14:22 | カラー写真 | Comments(6)