カテゴリ:モノクロ写真( 116 )

お願いします

水曜日、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』で発泡酒を半リットルとカップ酒の冷やを二本。アテは揚げ焼売。ウイスキーを仕入れてくれるように頼んでおいたのに、なかなか……。

c0102003_17333595.jpg

c0102003_17335016.jpg

c0102003_173465.jpg

c0102003_17342135.jpg

c0102003_17343874.jpg

c0102003_17345449.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-05-14 17:35 | モノクロ写真 | Comments(0)

風邪引きそう……

火曜日、午後八時頃、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』で発泡酒半リットルとカップ酒の燗を二本、切り干し大根の煮物。伊達の薄着はやっぱり寒い。
休日の今日は頂き物の一升瓶、和歌山の銘酒『黒牛・純米酒』を抱いて、怠け者として過ごそうと思う。

c0102003_14574033.jpg

c0102003_14575426.jpg

c0102003_1458816.jpg

c0102003_14582638.jpg

c0102003_14584484.jpg

◎大阪市北区/中崎〜浮田付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-29 15:04 | モノクロ写真 | Comments(0)

土曜日、夜のはじめの頃、天満駅前の立ち呑み『銀座屋』で燗酒一合と瓶ビール二本。一本は右隣のおじさんが奢ってくれたもの。二月というのに妙に暖かく、この日は燗酒よりもビール日和。気が付くといつの間にか左隣に鳶のIちゃんが立っていて、知人と待ち合わせをしているとのこと。世間話を二つ三つ交わしているうちにご当人も現れて店を出ていった。
天満駅の内回りホームへ上がる階段が変だ。いったん、舞台のような階段を数段昇ってから右か左に向きを変えてホームへ取り付いた階段を昇る。駅の外からこの舞台のような階段の裏側を見ると、半地下のような窪地があって、その両側に降りてまた昇るだけという“純粋階段”があり、その窪地に被さるように例の舞台のような階段の床が作られている。どうでもいいけれど、どんな訳があったのだろう。

c0102003_1712582.jpg

c0102003_1714076.jpg

c0102003_1715527.jpg

c0102003_172989.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-02-15 17:03 | モノクロ写真 | Comments(2)

ガスライター

土曜日、仕事の後は同僚と阪神野田辺りへ一杯遣りに歩いて出かける。まずは新橋筋商店街の『透泉(とうせん)』で座って呑む。瓶ビール、奈良の銘酒、中川酒造「透泉」の原酒などでくつろいだ。アテは紅生姜の天ぷら、鰤のあら煮など。奈良の中川酒造はここの本家にあたり、ここのご主人も中川さん。店内の哀愁度は二万パーセント。
二軒目は「透泉」の並びにある、この夏開店の立ち呑み『ばあ屋』で瓶ビール。おばさん三人で切り盛り。「なんで、ばあ屋なん?」と訪ねると「いつまででも使えるやん……」とうご返事。「なるほど!」とは返さなかったけれど、なるほどなあ。良いお店だった。
三軒目は北港通りと新なにわ筋の角っこに新しくできた立ち呑み『マルヤス』で瓶ビールなど。渋さ、カッコよさ二万パーセントのご主人と二人のきれいなお姉さんで切り盛り。とにかくアテが美味しかった。お土産にカチンとノックすると赤や青の光がチラチラ点滅する店名入りのガスライターを頂いた。初めは光の点滅にびっくりしたけれど、このばかばかしさがなんとも嬉しいな。圧電素子の余剰電流有効活用かな。ガスは充填可能だし、小さなスイッチをオンにすると内蔵のボタン電池を使うフラッシュライトにもなる。百円ショップでも売っていて、買おうとは思わないけれど、もらうと嬉しい。その後、駅前のイオンで清酒『七笑(ななわらい)』の一升瓶を買って、抱いて帰った。

c0102003_17485321.jpg

c0102003_17491578.jpg

c0102003_17493729.jpg

c0102003_17495676.jpg

c0102003_18204315.jpg

◎大阪市福島区/阪神野田駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-17 17:51 | モノクロ写真 | Comments(4)

二十インチで戦う

火曜日、懸案の無理難題仕事も休日出勤のおかげでやっと峠を越え、ほっとした勢いで天満へ直行。駅前の立ち呑み『銀座屋』でリラックス。
お店のテレビは未だ沈黙のまま。まあ、野球なんかどうでも良くなったことだし、五億円の詐欺話も、マケインさんや幕僚長のことも気になるけれど、これはこれで静かでいいや。
鳶のIちゃんが既にいて、しかも酔っている。前の晩に米屋のYちゃんと、どこぞの酒場に潜り込んで女主人と大いに盛り上がったという話を聞かされる。一晩で缶酎ハイを二十本呑んだという話だが、本当だろうか。ほかにも、酔ったYちゃんが汚い○ンチンをみんなに見せたという話も聞いたが、これは本当だろう。
ところで、この日の昼間、当社が誇る二十インチの連絡用自転車「オリタタミ・ためし号」で移動していると、私を抜き去ろうとするママチャリのオヤジが追って来たので、ただちにギアをトップに入れて応戦。千切ってやった。
で、今日の昼休みは久々にチェーンの掃除。鉄粉をきれいに拭き取って、テフロン・ルブリカントを差しておいた。この際、もっといいチェーンに張り替えようか。なんせ、いま付いているのはKMCのZ50。ついでにスプロケットも替えたくなったな。
『銀座屋』では燗酒を三合と焼き厚揚げで九百円。

c0102003_17195713.jpg

c0102003_1720165.jpg

c0102003_17203375.jpg

c0102003_17204996.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-05 17:21 | モノクロ写真 | Comments(6)

特殊な味

膝の調子が芳しくなく、このところ立ち呑みからは遠ざかりがちだったけれど、多少はマシになってきたので一杯遣りに出かけてみた。コンドロイチンが効いてきたのかな?
金曜日、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』を覗いた。二週間ほどのご無沙汰になるだろうか。その日はちょうど、この店の業務用冷蔵庫が壊れた日だった。修理を頼んだのでしばしご勘弁ということで、カップ酒一本呑んで早々に引き揚げたのだけれど、昨夜は一歩入って驚いた。古めかしいものだらけの店内に、眩いくらいの光を放つ、ギンギンギラギラ、ピッカピカの新品冷蔵庫が納まっている。
ひとしきり冷蔵庫を誉めた後は発泡酒半リットルとカップ酒、おでん様の煮物。
「これ、おでん? 味噌味なん?」
「味噌味やないねん」
「なに味なん?」
「特殊な味や! 独特な味!」
そうか。まあ、旨いからいいけど……。メラミンは入れんといてね。お願いしますよ。
やれやれ、久しぶりにやって来たけれど、やっぱりここは落ち着くな。ほどなくして隣に建築事務所のK女史がお立ちになり、しばし世間話。焼酎一杯呑んでお帰りになった。美人はなにをやっても様になるな。私なんかの場合は様になるどころか、いつもこうだ。「私がやれば、全部ダメですかっ!」

c0102003_1254574.jpg

c0102003_126713.jpg

c0102003_1262363.jpg

c0102003_1263987.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-10-25 12:07 | モノクロ写真 | Comments(4)

この橋の長さは約二百メートル、幅は約二十七メートルで、幅だけを比べれば同じ国道二号線の「淀川大橋」よりも広い。低水敷(普通時の水路部分)には六連の鉄筋コンクリート開腹アーチ、高水敷(水量が増すと水を被る部分)には右岸に三連、左岸に六連の充腹アーチがバランス良く連なっていて、そのプロポーションもさることながら、ディティールのこなし方を見ても日本人離れをした造形センスを感じる。
開腹アーチ奥の支柱列、欄干下のブラケット、充腹アーチの橋脚部など、見えにくい部分も手を抜くことなく丁寧にデザインされていて、ただただ敬服するばかり。型枠工事はさぞかし大変であったろうなと、余計な心配をしたくなるほどだ。
ところで、「○○大橋」と呼ばれる橋の近くには「○○小橋」があったり、もしくはあったという場合が多い。淀川に架かる「十三大橋」に連なって中津運河跡を渡る「十三小橋」もそうだし、堂島川に架かる「堂島大橋」の北側には、今はない蜆川に架かる「堂島小橋」があった。「武庫大橋」の場合はどうなのだろうか、調べてみたい気もする。
実はこの日、神戸在住の友人N子ちゃんを誘ってJR甲子園口で待ち合わせ、歩いて橋を目指した。橋を眺めながら缶ビール、安ワインを一本空け、橋なんかに興味のないN子ちゃんをほっといてかなりの枚数を撮った後、隣の立花駅まで歩いて駅前の立ち呑み名店「のんき」を覗いた。競艇場行きシャトルバスの発着と、二台のモニタに映し出される競艇と競馬の中継放送を見ながら絶品のアテ、カレイの煮付けで冷や酒を二、三杯呑んだ。後、たこ焼きも喰ったりして立花駅で解散。

c0102003_18341238.jpg

c0102003_1834301.jpg

c0102003_18344942.jpg

c0102003_1835421.jpg

c0102003_18352655.jpg

c0102003_18354221.jpg

c0102003_1836315.jpg
◎兵庫県/尼崎市・西宮市
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-10-15 18:37 | モノクロ写真 | Comments(6)

お祭り

土曜日、夕方から友人三人と西宮神社の『宮水祭り』へ出かけた。毎年、近郷の酒蔵が看板酒の試飲屋台を並べて、少しずつではあるが参拝客に呑んでもらおうという催し物『日本酒ルネサンス』が行われてもいる。焼きそばなど、食べ物の屋台も数多く、子供から大人までそれぞれの楽しみを満喫できる。
酒好きがこのお祭りを楽しむコツは、予め好きなツマミを用意して鳥居をくぐると安く上がる。酒は幾らでもあるのだ。今年、我々は各自で五勺の蛇の目猪口を用意して出かけた。各酒蔵が用意した使い捨ての小さなプラカップもいいけれど、なにしろもったいないからね。エコですわ。
あっちで少し、こっちで少しではあるけれど、合わせると結構な量を呑んでいて、いい気持ち。ついには灘酒造の『昭和の金鹿』という四号瓶を買ってきて呑み、さらには隠し持っていた鈍器のような『純米立山』の四号瓶も開けて、酔っぱらい三人が出来上がった。お土産は「小西家秘伝 酒水代覚帖仕込 白雪 『江戸元禄の酒』〈復刻酒(原酒)〉」という長い名前の一合瓶。

c0102003_1737407.jpg

c0102003_17375423.jpg

c0102003_1738927.jpg

c0102003_17382641.jpg
◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-10-06 17:46 | モノクロ写真 | Comments(4)

土曜日……

金曜日の夜、梅田辺りは若い人で賑わっているものの、中崎辺りまで歩いてくると人影もまばら。酒屋立ち呑み『盛進商行』も先客二人。お一人帰って店内は建築事務所のK女史と私の二人。少しばかりの世間話をしているうちに、とうとう独りぼっち。皆さん、オリンピックなのか、給料日前なのか……。瓶ビールを一本とカップ酒を二本。
日曜日、友人のN子ちゃんがバーゲン退治のために大阪へやって来た。妹さんとの待ち合わせまで、今少し時間があるということで梅田で昼酒。ホワイティー梅田の半立ち呑み『呑舟』で瓶ビール、ワインなど。
ヨドバシの自転車売り場で社用折り畳み自転車の前かごと空気入れを買う。前かごはPP製で簡単着脱。社に戻ってさっそく組み立てる。なかなかいいねえ! 何を入れようか。
土曜日に何をしたのかよく思い出せない……。思い出せたと思ったら、それは金曜日のことだった。

c0102003_19252577.jpg

c0102003_19254234.jpg

c0102003_1926167.jpg

c0102003_19261761.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-08-25 19:27 | モノクロ写真 | Comments(6)

ジャズ

水曜日、久しぶりに天五中崎通り商店街の酒屋立ち呑み『堀内酒店』に寄ってみる。先客は四人。すぐに三人がお帰りになって店内はご主人を入れて三人。話し好きのご主人と、千円くらいのポケットラジオから流れるジャズを聴きながらあれこれ会話が弾む。ラジオ、もう少し何とかならんかな。
ここの店仕舞いも結構早くて、この日も八時を過ぎたあたりからご主人がそわそわと落ち着かない様子。切りのいいところでお勘定。瓶ビール、清酒の冷や、絶品焼きビーフンで九百八十円。

c0102003_1725364.jpg

c0102003_172523100.jpg

c0102003_17253925.jpg

c0102003_17255679.jpg
◎大阪市北区/天満〜中崎界隈
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-08-20 17:26 | モノクロ写真 | Comments(4)