カテゴリ:カラー写真( 848 )

突然の霧

月曜日、夜半から温かくなると言う予報。案の定、森は深い霧につつまれた。水銀とナトリウム、夜霧にはどちらが似合うのだろうか……。まあ、それはそれとして燗酒二合と発泡酒半リットル。

c0102003_17124499.jpg

c0102003_17131573.jpg

c0102003_17133770.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2008-01-08 17:14 | カラー写真 | Comments(4)

寒い朝。

日曜日、早朝の散歩の途中で見かけた霜が降りた田圃。そういえば昔のように霜柱を踏んで歩く事もなくなった。

c0102003_1730041.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2008-01-07 17:30 | カラー写真 | Comments(2)

怠惰な連休初日。

土曜日、朝から一日中雨模様。鬱陶しい中、午後から梅田まで出てみる。あてはないけれど、日に一度は人ごみの中に出ないと何か落ち着かない。
桜橋のジュンク堂、梅田のブックファースト、ヨドバシカメラなどでぶらぶらと時間を潰す。午後六時くらいになると、飽きてしまってもはや時間の潰しようもなく、さらに中崎町まで歩いて酒屋立ち呑み「盛進商行」を覗く。
先客もなく、店主と話をしながらNHKの「週間子供ニュース」を見る。カップ酒の燗を二本、ほうれん草とソーセージの炒め物でお終い。十時には寝てしまった。

c0102003_12375673.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-12-23 12:39 | カラー写真 | Comments(2)

堤防の続き

立ち呑みネタは無いけれど、モノクロよりもカラーの方が面白そうなカットを一枚だけ追加。

c0102003_2083288.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-11-07 20:09 | カラー写真 | Comments(2)

日本酒の日。

十月一日は「日本酒の日」ということで、稲穂の風景。「山田錦」ではないだろうけれど、米は米。
横幅三十センチくらい、赤地に白抜きで「10月1日は日本酒の日」と書いたシールなのかステッカーなのか解らないけれど、そいうものを持っていた。貼るところが見つからないまま、いつの間にか無くなってしまった。……どうでもいいけど。
長野のお酒だったか「七笑」というのがあって、旨いのでよく呑んでいた。買って帰ろうかな、一升瓶下げて。

c0102003_18592332.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-10-01 19:00 | カラー写真 | Comments(2)

天満でちょい呑み。

木曜日、日が暮れるとビールが呑みたくなって足は天満へ向かう。軽く呑もうと思っていたので天満駅北側の禁煙立ち呑み「酒の奥田」表店へ。中生ビール一杯とどて焼き。カウンターに並べられた算木はマドラー一本(三百五十円)と串四本(五十円×四=二百円)で合わせて五百五十円。店を出る。
あまりにも軽すぎたので今度は「銀座屋」に入ってまた生ビール、それに冷や奴。合わせて四百二十円。満足、満足。まあ、胃の具合も考えてこれでお終い。歩いて梅田へ向かう。

c0102003_18172010.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-09-07 18:18 | カラー写真 | Comments(6)

関西地方の梅雨明けは果たして例年よりも早いのか。べたべたと降り続く半端な雨よりも梅雨末期を思わせる驟雨の断続に見舞われる方がからっとしていてよっぽど気持ちがいい。そういう意味合いでは今年の梅雨を嫌う気持ちはない。
月曜日、久しぶりに中崎町の「盛進商行」に立ち寄る。九時半、先客が五人、その中の四人は勘定を済ませて帰り支度の最中。残ったのは既に酒が廻りきっている米屋のYちゃん、それに私の二人。そのYちゃんも同じ話を三度ほど繰り返した後「ほな帰りまっさ。気い付けて帰りや」の言葉を残して自転車を漕いで行った。
まあ、頃合いも良いことだし私も帰ろう。瓶ビール一本と鶏の唐揚げ。もう一杯何処かでと思って新梅田食道街の路地をぐるっと廻ってみたけれど、この日はもうひとつ気乗りがしないのでそのまま電車に乗る。

c0102003_102322.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-04 10:03 | カラー写真 | Comments(4)

地雷を避けて歩く。

火曜日、八時半、久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」へ。発泡酒ではなく瓶ビールを抜く。続いてカップ酒を一本、アテは鶏肝煮付け。テレビからラジオに切り替わった阪神戦を見たり聞いたりしながら、九時半頃店を出て中津辺りまで歩く。
ここまで来たのならついでだと、人気のない橋伝いに淀川を渡って十三まで歩く。せっかくの十三だから、一杯だけと思って西口の立ち呑み「銀ちゃん」に入る。瓶ビールと鯖の煮付け。ここの鯖は旨いと思う。
チケットが四百円分手元に残った。また行かな……。もったいないし……。と思って行けば行ったでどうせ足りないのだから、またチケットを買う。こうして、ついに逃れなくなる仕組みになっている。一連、千円分、一回で使い切るのが逃げ延びるコツ。
立ち呑み「にしき庵」の前を通る。以前、えらい目にあった。地雷を踏んでしまったのだ。それも二発。

c0102003_19521864.jpg

c0102003_195236100.jpg

c0102003_19525424.jpg

c0102003_19531334.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-06-06 19:55 | カラー写真 | Comments(2)