良い天気とはいえ、青空が見えるわけでもなく湿っぽくて蒸し暑い。鉄橋の周りをウロウロしている間も汗が止まらない上に貨物列車はやって来る気配もない。
城東貨物線というのは吹田信号場(旧吹田操車場)と天王寺駅の東、東部市場のある百済貨物駅を結ぶ単線の貨物専用線で、途中、学研都市線や大和路線を経由しながら大阪市の東半分を遠巻きにぐるっと廻っているというような感じのする鉄道線路。これを改良して複線で電化し、新大阪駅と八尾市の久宝寺駅を結ぶ旅客線にしようというのが大阪外環状線計画だが、なかなか進んではいないらしい。現在吹田信号場と放出の間は単線のまま電化されている。普段は縁のない線路なので説明するのもなにやらややこしい。
二時間半ほどを過ごして赤川から梅田に向かう。この辺り、地図を見るととても不便なところのように思うけれど市バスの路線が結構多く、これを利用すれば梅田との交通に不便はない。
商店街を抜けて赤川三丁目交差点のバス停から毛馬橋、天八、中津を通って梅田の阪急百貨店前を終点とする便に乗る。日曜日でも運転本数は多い。また、梅田から淡路側へ向かう路線もあって、天六、長柄橋、柴島を通って鉄橋の淡路側すぐ傍の東淡路一丁目で降りることもできる。運賃は一律二百円。
やっとの事で誰も居ない職場にたどり着いて、撮った写真の整理をして一休み。午後二時頃、無性に生ビールが呑みたくなって阪神の地下二階にあるビアレストラン「スーパードライ」へ。
「お一人様ですか?」「煙草はおすいですか?」と訪ねられ、「はい!」と応えると「お一人様でしたら奥のお座敷になります。お座敷一名様!」と、トントン拍子。ちょっと待て! 何が嬉しくて、奥まった座敷に靴脱いで上がり込み、一人胡座をかいてビールが呑みたいか。「ここじゃあかんねんな。すんません、もうええわ」と呆れかえって外へ。コンビニで「スーパードライ」一缶買って再び職場に戻る。夕方、天満の「銀座屋」で呑み直す。

c0102003_189834.jpg

c0102003_1892750.jpg

c0102003_1895315.jpg

c0102003_18101594.jpg

c0102003_18103744.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-31 18:11 | モノクロ写真 | Comments(2)

日曜日、いつもより更に早く目が醒め、六時には自宅を出て、かねてより天気が良くなれば写真を撮りに行こうと思っていた、淀川に架かる「赤川の鉄橋」へと向かう。以前に一度だけ渡ったことがあって、面白い橋なのでぜひ写真に撮っておきたいと考えていた。
七時頃には阪急京都線の淡路駅で降りて、路地をくねりながら南へ向かって歩き、東淡路一丁目の交差点から淀川の堤防によじ登る。すぐ左手に見えてくる鉄橋がJR城東貨物線の「淀川橋梁」、一般的には「赤川の鉄橋」と呼ばれている。淡路は大阪市東淀川区、鉄橋を渡って対岸は大阪市都島区と旭区のちょうど境目、都島区であれば大東町、旭区であれば赤川という事になるが、橋の右岸側半分は東淀川区、左岸側半分とそれに続く貨物線の敷地は都島区に含まれている。
鉄橋としてはごく普通のワーレントラス橋であって、何処にでもある鉄橋の見本のようなデザイン。複線として計画されたが、現在までずっと単線として使われていて、余った上流側の一本分に人道橋を併設し、人と自転車の交通に使われている。木製の床と手摺りには何とはない温もりがあって、すぐ傍を貨物列車が走り抜けても不思議と怖さを感じさせない。
人道橋部分には「赤川仮橋」と書いた銘板が打ち付けてあり、立派な大阪市の市道である。この鉄橋は昭和四年の架設で、橋台と橋台の間の長さは約六百十メートル、幅は約九メートル。計画によると五年後にはこの貨物線を使った大阪外環状線という複線の旅客線が出来上がるため、人道橋「赤川仮橋」も姿を消すのだとか。
それにしても朝早くから自転車が多いな。淡路側から野球の稽古に向かう少年の一団、赤川の方から向かってくるユニホーム姿のおばちゃん軍団、マウンテンバイクのお兄さん、魚釣りに向かうおじさん達、その度に木製の床がぼこぼこと音を立てて僅かに揺れる。

c0102003_17323446.jpg

c0102003_17325312.jpg

c0102003_17331050.jpg

c0102003_1733427.jpg

c0102003_1734496.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-30 17:34 | モノクロ写真 | Comments(2)

あ〜つ〜ッ!

木曜日、猛烈な暑さ。早朝のてくてく歩きも途中で挫けそうになってしまい、具合良くバスが通るとつい乗ってしまいそうになる。早いとこ冷房の利いた電車に乗って、出来れば座って文庫本を……などと考えるようになってしまった。無理をする必要など全くないのに一度やり始めたら意地になって、余計な体力を消耗してしまう。
午後八時頃職場を出て地下街伝いに中崎町へ向かう。相も変わらずの酒店立ち呑み。発泡酒でも良いが、瓶ビールを抜く。硝子瓶の方が何となく冷えていそうな気がするので、こんな暑い日にはつい瓶ビールを選んでしまうけれど、二本目からは発泡酒。
阪神×中日戦も好調子のようで店内は次第に賑やかになり、店長は早々と発泡酒で祝い酒。添乗から戻ってきたばかりだという旅行社のT女史が入ってきて、お土産の饅頭「祖谷の山芋まんじゅう」をみんなに御裾分けしてくれた。
瓶ビール一本、発泡酒半リットル、カップ酒一本。アテはソーセージとじゃが芋のフライに、山芋まんじゅう。

c0102003_17261721.jpg

c0102003_17264129.jpg

c0102003_1727166.jpg

c0102003_1727217.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-27 17:28 | モノクロ写真 | Comments(2)

水曜日、天神祭の本宮。ごった返す人波を避け、天満駅から秘密の裏道を歩いて午後七時十五分、源八橋西詰南交差点の少し西側、酒店立ち呑み「酒のハヤシ」のカウンターに立って七時半の花火打ち上げを待つ。通りを挟んで向かいに大きなビルがあるので、間近ではあってもここからは打ち上がった花火を見ることは出来ない。見えるのはぞろぞろと続く花火見物の行列。ほとんどが若い子。瓶ビールと目の前にあった小鰺の南蛮漬け二尾をつまみながら行列を眺める。やがて七時半、飛行場にでも居るかのような轟音が響いて花火の始まり。
トイレを借りるために入ってくる小娘の多いのに驚く。どの子も気兼ねをしてか、缶酎ハイなんかを買ってから用を済ませて出ていく。
「おねえちゃん、今日はなんかあんの?」
「はなびー!」
「ふーん、なんかお祭りでもやっとんの?」
「てんじんまつりー!」
「そうなん? 今日やったんか……」
年寄りのナンパは時代遅れで歯が立たず、どの子も一緒に呑んでくれそうにはない。菊正の冷やに切り替えてポテサラと花火の音をアテに呑み続ける。早めに店仕舞いするという事なので、菊正をもう一杯呑んで店を出て天満駅まで戻ることにする。咽が渇いていたので「銀座屋」に寄ると年寄りが大勢居て、何かほっとする。瓶ビールを一本とモヤシ炒め。天神祭はこれにてお終い、という事は今年もこれでお終い。

c0102003_17525916.jpg

c0102003_17532232.jpg

c0102003_17534121.jpg

c0102003_17535918.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-26 17:54 | モノクロ写真 | Comments(2)

天神祭、遠巻きの宵宮。

火曜日、午後八時に天満。浴衣姿の小娘が行き交う光景を眺めながら駅前の立ち呑み「銀座屋」を覗くと満員。大抵の混み具合なら隙間を作って潜り込むのだけれど、店内に入って確かめてみたもののこれでは無理だと断念して「後で来るわ……」と伝え、路地を奥に入る。立ち呑み「奥田」で一息つく。この頃は煙草の本数も以前と比べたら半分以下にまで減らしてしまっているので、禁煙店でも苦しくはない。瓶ビール一本、冷や酒、エビと野菜の寄せ揚げ。前にも書いたが、此処の寄せ揚げ、所謂かき揚げはびっくりするほどの大きさでたったの二百円。バカ旨。
揚げ物を喰った余韻でこのまま天ぷらなんかも良いかな思い天麩羅「いちてん」の小窓を覗いてみると客は一人だけ。米屋のYちゃんが座って居たら入ってみようと思っていたが、生憎という事でそのまま通り過ぎる。
ぼんやりと歩き続けて天五中崎通商店街を通り抜け済美小学校の角を回って、気が付いたら酒屋立ち呑み「盛進商行」の前。挨拶くらいはしておかなければと思い暖簾をくぐって瓶ビールとカップ酒、鯖の味噌煮缶詰。結構念入りな挨拶になってしまった。
腹が減ったので新梅田食道街の「マクド」でマックポークとコーヒー。合わせて二百円。新顔のマックポーク、旨いな。

c0102003_17165498.jpg

c0102003_17171061.jpg

c0102003_17172644.jpg

c0102003_17174422.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-25 17:18 | モノクロ写真 | Comments(2)

梅雨明け。

関西地方、やっと梅雨が明けて夏の日射しも本格化。幸い今日火曜日は湿度が低く屋外にいても何となく爽やかにさえ感じる。大阪では天神祭の宵宮、明日は本宮。雲行きはどうやらうつむき加減。
今夜と明日の夜は天満辺りの立ち呑みで一杯遣るのが私の個人的な吉例。さて、今宵は何処にしようか。

c0102003_18353856.jpg

c0102003_18355630.jpg

c0102003_18361144.jpg

c0102003_18362723.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-24 18:37 | モノクロ写真 | Comments(2)

毎年、夏は短い。

木曜日、いつの間にか蝉の声も五月蠅くなり、いよいよ梅雨も末期。天満辺りは天神祭の準備で大わらわ。十三大橋あたりも淀川花火大会の準備で忙しそうだ。夏休みも始まる。加えて参議院議員選挙。せわしないなあ……。
「なんか知らんばってん、しぇからしっちゃっんね」と思わざるを得ない、そんな日の日暮に、例によって飽きもせず立ち呑みへ。中崎町の「盛進商行」で発泡酒一リットルと甘い甘いカップ酒二本。アテは鯖の味噌煮缶詰に葱をぶっかけたもの。
電車を降りての帰り道、やたらと咽が渇くので自販機で水を買って歩き飲み。酔い覚めの水は千両と値は決まっているそうだが、酔い覚ましの水も結構旨い。百円。

c0102003_1941246.jpg

c0102003_19412664.jpg

c0102003_19415172.jpg

c0102003_1942914.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-20 19:43 | モノクロ写真 | Comments(2)

水曜日、忙しいわけでもないけれど、遅めに職場を出たので駅近で一杯と思い、新梅田食道街へ。二週間ぶりくらいに「大阪屋」へ入る。混んでいて、一番奥の立ち呑み台のそのまた奥へ押し込まれる。
瓶ビール二本、冷や酒一杯。ウインナー・ソーセージと肉じゃが。呑んでいるうちに甲子園帰りの阪神ファンが入ってきた。応援ユニホームを着て、例の拍子木のようなものを持っている。周りから試合の結果を聞く声が掛かる。阪神が勝ったらしく、乾杯のコップが上がる。
ソーセージの小皿には茹でたブロッコリーがてんこ盛り。ブロッコリーが値下がりしているのかな。

c0102003_19493092.jpg

c0102003_19494720.jpg

c0102003_1950689.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-19 19:50 | モノクロ写真 | Comments(4)

火曜日、文句なしの良い天気。久しぶりに傘を持たずに自宅を出て、二つ先の駅まで歩いて電車に乗る。前日は半日近くを炎天下で過ごしていたために両腕、首、顔と、家族もびっくりするくらいの真っ赤な日焼け。年寄りの皮膚には毒だといわれるが、焼けてしまったのだからもう仕方がない。
日が暮れて、僅かながら小粒の雨がパラパラと落ちてきた。傘を持っていないので職場から地下街伝いに阪急三番街まで歩き、かっぱ横丁の手前から地上へ出て、新御堂筋の下を潜ぐり抜け、久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑みへ。連休明けとあってか、いつもの顔で適度な混みよう。
まずは発泡酒にしようか、瓶ビールにしようかと少しだけ迷ったけれど、阪神も勝っていることだし、ここは奮発して瓶ビール。続いて二デシリットル入りのカップ酒を二本。アテは此処にしては珍しい冷しゃぶサラダと、立ち呑みの定番、六Pチーズを一つ。
最近顔なじみになったおじさんと、隣同士で世間話。少し長居をしてしまった。

c0102003_17465621.jpg

c0102003_17471688.jpg

c0102003_17473673.jpg

c0102003_17475458.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-18 17:48 | モノクロ写真 | Comments(2)

どて焼き一本八十円。

連日の雨に加えて台風の襲来。呑みに出掛けることも少なく、歩き回ることもままならず、何事をも近場で済ませてしまっていた一週間。火曜日と金曜日は新梅田食道街の「ひょうたんや」で軽く立ち呑み、水曜日は天満駅北本通りの入り口に先月開店したばかりの立ち呑み「赤垣屋」へ。大阪を代表する立ち呑みのチェーン店でもあるし、とりあえず押さえておくという程度。勘定を済ますと「どて焼き一本プレゼント券」を一枚くれた。 他にアイデアは無かったのかと思ってしまう。
やっとの事で晴れ間が戻った日曜日、友人N子ちゃんに誘われて、何やらのお祭りが行われている神戸のメリケンパークまで船を見に行ったのは良いが、午後からは突然打って変わって雨は降るわ雷は鳴るわで、またまた湯鬱になる。夕方、大阪まで戻って天満駅前の「銀座屋」で一人立ち呑み。新潟地方の大地震の様を初めて知って驚く。テレビに見入っていると、いつの間にか隣に米屋のYちゃんが立っていた。瓶ビールを一本、白波のロックを二杯、モヤシ炒めと冷や奴。

c0102003_17305213.jpg

c0102003_17311063.jpg

c0102003_17312945.jpg

c0102003_17315035.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-07-17 17:32 | モノクロ写真 | Comments(0)