<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

燗でもなし……

木曜日、天満界隈。おでんの「まめまる」の一階がいつの間にか立ち呑みになっている。二階はどうなんだろう。
路地をぐるっと一巡りした後、立ち呑み「銀座屋」で瓶ビール、ウイスキーのロック、冷や奴と鰹のたたき。このところ清酒から遠ざかっている。常温では生ぬるくていやだから、ほんのちょっと冷やしてくれている立ち呑みがあれば嬉しいな。弱冷酒……。冷酒はダメ!

c0102003_1875670.jpg

c0102003_1881430.jpg

c0102003_1883915.jpg

c0102003_1885597.jpg

◎大阪市都島区/都島本通・中野町(大川左岸、都島橋付近)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-30 18:11 | カラー写真 | Comments(6)

凶区……

土曜日、四時頃から同僚と梅田HEP FIVEの八階で行われている「森山大道 写真展『凶区 E R O T i C A』」を観に行った。ドキュメンタリー映画『≒森山大道』(八十分)も上映されていて大人三百円。ああだこうだと感想を言うつもりはない。いいに決まっている。
座り続けて尻が痛くなったので、立って酒を呑むことにして新梅田食道街の立ち呑み「初音」へ入る。生ビールと冷や酒、鰹のたたきとおでん。
二軒目は大阪駅前第二ビル地下二階の立ち呑み「たよし」へ。ここでも生ビールと冷や酒を呑んで、鮭のハラス、鶏唐揚げ、忘れたけれどもう一つか二つ。

※大川で沈没したパージの様子を見に朝早くから遠回りして行ってみたけれど、何の変化も無し。雨のせいで水が濁っていた。

c0102003_17244998.jpg

c0102003_1725579.jpg

c0102003_17252011.jpg

◎大阪市都島区/中野町
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-26 17:26 | カラー写真 | Comments(2)

待ち合わせ

業界の大先輩であるHさんと職場の近くでばったり出会った。いつもは自転車にお乗りなのだが、昨日はバッテリーで動いているような感じで歩いておられた。
「どないだ? いそがしぃか?」
「いやいや、相変わらずのヒマですわ」
「立ち呑みの方はどないだ?」
「まあ、ぼちぼちやってますわ」
「今日はどないだ? ええとこあるか?」
「よろしでっせ、天満でどうです? 何時に……」
「六時半頃電話するわ。ほなな!」
ということで六時半に職場を出て、歩いて天満へ向かう。途中で電話がかかってきて、七時に天魔駅前で待ち合わせることに。「この辺、なーも知らんなあ」と仰る先輩を天四の立ち呑み「銀座屋」にご案内。因みに先輩は天一(天神橋一丁目)に長くお住まいである。
瓶ビールで乾杯の後、先輩は焼酎のロック、私はウイスキーのロックであれやこれやの話をしながらお変わりの連続。それぞれ五杯くらい呑んだかな。アテは鰯フライ、豚バラ鉄板、ポテトフライ、マグロぶつ。一時間ほど呑んで「ほな、帰りまっさあ〜」という先輩の解散号令で宴はあっさりとお終い。割り勘で一人あたり二千円。よく呑んだうえに、喜んでいただけた。

c0102003_16302650.jpg

c0102003_16304136.jpg

c0102003_16305559.jpg

c0102003_1631931.jpg
◎大阪市北区/天神橋、同心、中崎西
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-24 16:32 | カラー写真 | Comments(6)

退院?

木曜日、二週間ぶりくらいに中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」へ。常連さんの「おお! めちゃめちゃ久しぶりやん! 大丈夫かいな!」の声にはちょっとばかり照れた。
ご当主にもお声をかけていただく
「お体の方は、もうよろしいの?」
「えっ! じぇんじぇん大丈夫ですよ」
店長もやって来て
「もう、これの方はいけるん? 呑めるようになっとん?」
「えっ! えっ! じぇんじぇん大丈夫ですよ!」
「‥‥‥‥」
なんと、どうやら私は病気になって酒が呑めなくなってしまったとされていたようだ。そうか、面白いな、で、入院はしたのだろうか? 病名はなんだろう? 病院も決まっていたのかな? 聞いてみたいけれど、皆さん程なくお帰りになった。発泡酒半リットル、カップ酒の冷や二本、焼売。

c0102003_17264345.jpg

c0102003_1727333.jpg

c0102003_17271786.jpg

c0102003_17273318.jpg

◎大阪市都島区/中野町
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-23 17:28 | モノクロ写真 | Comments(4)

前代未聞

大川に架かる天満橋の下流側に、砂を運搬中のパージが沈没したという話を聞いたので、今朝は遠回りをして現場を見に行った。早朝で水位が高いために完全に水没していたが、船体と積み荷の砂の山はうっすらと透けて見えた。赤い旗を掲げた警戒船が警戒中。大阪湾の干潮時には大川の水位も下がり、船体が顕れるそうだ。
引き揚げ作業はぜひ見てみたい。土・日に行われるのなら弁当と酒を用意して一部始終を見物しようかな。大川右岸、天満橋北詰すぐの南天満公園がベストポイントだということを確かめてきた。

c0102003_18282696.jpg

c0102003_18284617.jpg

c0102003_1829395.jpg

c0102003_1829253.jpg

◎大阪市北区/天神橋(JR天満駅付近)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-22 18:31 | モノクロ写真 | Comments(2)

途中下車

火曜日、京橋へ行ってみようと思って環状線に乗ったものの、高架を走る電車の窓から天満の灯を見た途端に心変わりがして降りてしまった。気が付くと駅前の立ち呑み「銀座屋」のカウンターで冷たいビール瓶を握り締めて立っていた。
アテは唐揚げ。大きな鶏唐揚げ三つにキャベツの千切りが付いて二百円。一つ目は瓶ビールのために、二つ目は燗酒一合のために、三つ目は燗酒をもう一合呑むために。残ったキャベツは健康のために……。旨いと思うけれど、スタッフによって揚げ方に大きな違いが出ることが難点かな。昨夜のそれは普通。合わせて千三十円。
この間呑んでみた新店「まるや」も結構な人気だった。五月十日の開店だそうで、近いうちにテレビで紹介されることだろう。慶賀、慶賀。「銀座屋」はそんなことに縁がない。

c0102003_19122119.jpg

c0102003_19123619.jpg

c0102003_1912508.jpg

c0102003_19131124.jpg

◎大阪市北区/天神橋・同心
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-21 19:15 | モノクロ写真 | Comments(4)

お家で呑む

月曜日、お昼頃から雨。天気予報が誠に良く当たる。当たるというより極めて正確な予報が出るようになったというべきだろうか。昨年あたりから突然に精度が上がったような気がする。
雨の昨夜は立ち呑まずに帰り、自宅で晩酌。アテは高野豆腐、ひじき煮、煮かぼちゃ。冷蔵庫の中の残り物を引っぱり出して冷や酒と発泡酒。そろそろ蚊が出てきたようだ。今年の蚊取りは電池式にしてみようかな。

c0102003_1745716.jpg

c0102003_17452340.jpg

c0102003_17453789.jpg
                  
◎神戸市中央区/元町通・相生町・波止場町
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-20 17:49 | カラー写真 | Comments(4)

揺れる原理主義

土曜日、朝一から神戸で仕事。午後四時頃には終わり、同僚と立ち呑みへ。この日は春日野道の南側、浜街道沿いで酒屋立ち呑みを一軒発見。ガスタンクの傍にある「塚本酒店」で瓶ビール、薩摩揚げ。
日曜日、夕方から天満へ。赤いワイン屋台「luv wine」の辻向かいに新店が出来ていたので飛び込んだ。○の中に“や”の字で「○や(まるや)」という屋号。最近流行の丸見え“半屋台”で、しかも半分が立ち呑みで半分がテーブル席。一店舗二制度がしかれた“中腰主義”の店。最近はこういう制度を取り入れているお店が多いな。
表に干物籠がぶら下がっていて自家製の生干しが並べてある。カウンターの上にも生干しや生魚を入れた籠が並んでいて、濡れ布巾が被せてある。注文すると炭火のいこった小さな七輪が運ばれてきて、客は自分でそれを焼いて食べる。「○や」の“や”とは“焼く”を意味するのかな。
瓶ビールと鮭カマをいただいた。瓶ビールは“中瓶”で四百円。自分で焼く鮭カマは二百円。アテは全体的に手頃な価格だけれど酒類の値がちょっと高いな。清酒もたしか四百円だった。
立ち呑みカウンターが見えなければまず入ることはなかったのに……。しくじった! 立ち呑み原理主義者としては“安く呑む”ことも重要な理念のはずなのに、ここのところを見誤り、蔑ろにしてしまった自分が情けない。これはひょっとして罠かも知れない。
すかさず駅前の立ち呑み「銀座屋」に駆け込んで呑み直し。瓶ビール大瓶三百三十円を一本と、一杯二百円のブラックニッカ大盛りロックを二杯。百五十円の焼き厚揚げ、二百円の大ぶり鶏唐揚げで千八十円。

c0102003_12353853.jpg

c0102003_12355583.jpg

c0102003_12361326.jpg

c0102003_12363393.jpg

◎神戸市兵庫区/新開地、中央区/波止場町
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-19 12:37 | カラー写真 | Comments(0)

新開地で昼酒

日曜日、友人のN子ちゃんからメール。「〈新開地音楽祭〉を見に行くから付いて来い!」ということで、午後から神戸の新開地は湊川公園へ。
聴いたり観たり、さくっと済ませて「八喜為(はきだめ)」で昼酒。焼き鳥と串カツをそれぞれセットで注文したのはいいけれど、いつまで待っても出てこない。ビールばっかり呑んでいるうちに、N子ちゃん、なんか変だと気が付いて「注文、通ってるか? 通ってへんのやったらもうええで! 帰るわッ!」と大声出したとたんに全部出てきた。しかも熱々で。
ボートピア神戸新開地の横手、立ち呑み「冨月(ふうげつ)」の南向かいに「萬舟軒」というオオバコ立ち呑みが出来ていたので入ってみる。缶ビールレギュラー缶が三百五十円。スチロールの器にたこ焼きが五個入っていて出汁がかけてある“だしたこ”が二百円。いわゆる神戸たこ焼きで、タコも大きく、なかなか旨かった。奥多摩の地酒「澤乃井」の“万舟”が置いてある。玉川競艇「澤乃井カップ」の記念酒らしい。
帰りの阪神電車は甲子園駅から超満員。勝ったのか負けたのかすぐ解る。クボタ〜ッ! やったら出来るやん!

c0102003_1723582.jpg

c0102003_17241435.jpg

c0102003_1724302.jpg

c0102003_17244538.jpg

◎神戸市兵庫区/新開地、中央区/東川崎町・海岸通
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-12 17:26 | カラー写真 | Comments(6)

京橋駅南口

JR京橋駅で迷ってしまったことは以前に書いた。迷ったおかげで立ち呑み「いなすい」に巡り会ったこともその時に書いた。あの日は慌ただしく、ゆっくり味わうことも出来ずに店を出てしまったので、昨日、JR東西線に乗って京橋駅南口まで改めて呑み直しに出掛けてみた。
ピンク色の揃いのTシャツを着た綺麗なお姉さんが三人。ヒロちゃん、ヒデミちゃん、スミちゃん。胸のところに名札を付けているのですぐ解る。少し肌寒かったのでまずは燗酒とおでんを三品。
結構な賑わいで、お客さんの出入りも多く、なかなかの人気店のようだ。アテも手頃な値段で品数も多い。まあ、お姉さん目当てなんだろうな。お姉さんも客も、お互いに和気藹々。私が立っているところだけにぽっかりと暗闇が有るような感じ。燗酒一合と冷や奴を追加で千百円。
この雰囲気は大阪駅前第一ビル地下一階の立ち呑み「うおぴち」に似ている。“うおぴち型”とでも分類しておこうかな。
それにしても京橋は凄いなあ……。寝屋川を挟んでOBPの高層ビル群が迫り、空中回廊が張り巡らされた巨大な都市的ターミナル。梅田や難波など、まだまだ可愛いもんだ。これまでは北口辺りの立ち呑みにしか用事がなかったけれど、面白そうなのでしばらく京橋ドリルを続けてみよう。

c0102003_14191946.jpg

c0102003_1419361.jpg

c0102003_14195143.jpg

大阪市都島区/片町(JR東西線京橋駅)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-10 14:22 | カラー写真 | Comments(6)