<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

訃報

水曜日、天五中崎通り商店街の酒屋立ち呑み『堀内酒店』を覗く。先客は三人でゆったりした雰囲気。カウンターの一番奥に立って燗酒と湯豆腐。特に指名しなければ清酒は石川県の『太鼓の縁(たいこのゆかり)』が出てくる。ここで一杯だけ呑んで中崎町まで戻り、いつもの酒屋立ち呑み『盛進商行』でコップ酒の燗を二本とニラの入ったチジミみたいな卵焼き。
ここに居る三匹の猫ちゃんのうち、長女の「ルルちゃん」が月曜日の夜に亡くなったことを聞いた。とてもきれいな顔をしていて、男嫌いな子だったけれど私は好きだった。酔っぱらっていたせいでももあるが、涙が出そうになって困った。一緒に生まれた長男も今年の初めに亡くなってしまったので、今は次男の「リョウくん」と、次女で姉とそっくりな「リンちゃん」だけになってしまって……。

c0102003_17202552.jpg

c0102003_17204098.jpg

c0102003_1720553.jpg

◎大阪市北区/同心二丁目
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-28 17:30 | カラー写真 | Comments(8)

小雨の中の昼酒

祝日の月曜日、友人のN子ちゃんを誘って、サントリーミュージアム[天保山]で開催されている「純粋なる形象/ディーター・ラムスの時代──機能主義デザイン再考」を見る。
バウハウスから今日まで連なる統合的機能主義デザインの流れの中で、ミスター・ブラウン(ドイツ・ブラウン社)と呼ばれたラムスのデザイン哲学を、一堂に集められた現物を目の前にして鷲掴みにしようという企画展。
押し殺したようにストイックな仕事の数々を見ていると、若い頃を思い出してしまい、今や蜘蛛の巣で覆われている心の中のどこかの部分が、音を立てて膨れあがってくるのを覚えた。良いものを見た。機能主義デザイン最高。
さて、大人のデートの本質は“昼酒”なので、小雨の中、みなと通りを弁天町の方へ向かい、区役所の近くにある酒屋立ち呑み『富士屋酒店』で瓶ビール、燗酒、おでんなどで一息ついた。長いコの字形カウンターが心地よい。神戸は三ノ宮の『一社酒店』に似た感じだな。
二軒目は通りを渡って『赤丸食堂』で瓶ビール、鯖の煮付けなど。最近は終日営業では無くなったようだ。そのまま弁天町から一駅だけ電車に乗って安治川を渡り西九条。
三軒目は阪神西九条駅高架下の立ち呑み『こばやし』で瓶ビール、燗酒、焼酎、どて焼き、牡蛎フライなど。まだ暖簾も出していない時間だったのに先客が四人。昼酒のハシゴで酔っぱらった。阪神電車で神戸方面へ帰る、壊れかけのN子ちゃんとここで解散。居眠りしながらの環状線で、目が覚めたら天満駅。乗り過ごしたけれど嬉しい。

c0102003_17285464.jpg

c0102003_1729994.jpg

c0102003_17292630.jpg

c0102003_17294333.jpg

c0102003_1730479.jpg

◎大阪市港区/弁天町駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-26 17:31 | カラー写真 | Comments(2)

仕事の後の昼酒

土曜日、朝一から神戸で仕事。制御器五十台の最終検査。検査機器の改良が功を奏して従来の半分の時間で終了。直帰の予定だったので、まだ日が高いにもかかわらず同僚と立ち呑み発見旅へと出かけた。この日は長田区の地下鉄刈藻駅近辺で新店探しとなった。訪ねたことのあるお酒屋さんも多い中、連休初日とあって、閉まっているお店が多い。午後二時頃、菅原商店街南の端っこで大きなお酒屋さんが立ち呑みの営業をなさっているのを発見。屋号は『くろだ酒店』。実に家庭的な雰囲気の店内でさっそく瓶ビール、おでんなどで昼酒。
ほろ酔い気分で路地を巡りながらダラダラと北上。新開地までたどり着いたところで坂道になっている商店街を登り『まるいち食堂』でゆっくりと座り呑み。焼酎、瓶ビール、燗酒、鯖の煮付けなど。その後、電車で三宮へ戻り、高架下の立ち呑み『さかな家』で焼酎、燗酒、牛蒡の天ぷらなどで仕上げて解散。

c0102003_1863956.jpg

c0102003_1865474.jpg

c0102003_18782.jpg

c0102003_1872677.jpg

c0102003_187424.jpg

◎神戸市長田区
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-23 18:08 | カラー写真 | Comments(4)

歌声酒場

火曜日、午後七時半、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』は先客のI本部長がお一人。五十肩に悩んでおられる本部長には先週「コンドロイチンZS錠」をお勧めしていたら、この日さっそく買ってこられたので今すぐビールで流し込むように助言。十日経って肩の痛みが引いたようであるなら、ここでビールを一本ご馳走してやるとのお約束を頂いた。
やがて八時を過ぎ、F社長とT女史がご来店。NHKテレビで「歌謡コンサート〈特集・古賀政男名曲選〉」が始まると、懐かしい歌謡に合わせてF社長が歌い始める。店長のS専務もそれに合わせて歌い始め、いつの間にかみんなで大合唱。「影を慕いて」「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」「誰か故郷を思わざる」「湯の町エレジー」……と、だみ声の響き渡る歌声酒場と化して、ついもう一杯と、よけいに呑むことになった。幸いにもと言うか、お店にとっては不幸にもこの間一人の来店客もないまま小一時間が過ぎた。
「終わってもうたがな。ほな帰るわ」とF社長。「寒うなってきた。帰ったろ」と私。「私も帰りますわ」とI本部長。「もう帰んのかいな。なんやのん」とT女史。そして誰も居なくなったはず……。店長、ごめんね! カップ酒三本と湯豆腐だけで。

c0102003_17394985.jpg

c0102003_1740884.jpg

◎神戸市中央区/三ノ宮
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-20 17:41 | カラー写真 | Comments(2)

交換

月曜日、むりやりに時間を作って、江坂にあるリコーのサービスセンターへGRD2(コンパクトデジカメ)を修理に持ち込む。症状は三つ。
①……CCDにゴミ ②……昼間の逆光撮影で時々フリーズする ③……Aモードが時々不調
②と③は時々しか起こらないことなので、その場での再現も難しいし、ただただ目を見つめて訴えるしかない。一応話は聞いていただいたみたいで、そのまま一泊入院。リコーのサービスセンター、ぜひ梅田へ出てきて欲しい。不便。
この日の立ち呑みは天満駅前の『銀座屋』で、燗酒二合と寒くなったので始まった湯豆腐。もうすぐおでんも始めるらしい。
そして本日は、修理が済んだGRD2を受け取りに再び江坂へ。修理の内容は前述の①に関しては光学ユニットCCDの交換。②と③に関してはメインPCBユニット及びモードFPCの交換。保証期間内なので修理は無料。初代をまるごと交換したこの二代目も、ここへ来て中身をごっそり交換して再び生まれ変わったのは良いけれど、忘れてしまっている各種の設定を一からやり直しだ。

c0102003_17244693.jpg

c0102003_172522.jpg

c0102003_1725165.jpg

c0102003_17253419.jpg

c0102003_17255069.jpg

◎大阪市福島区/阪神野田駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-18 17:35 | カラー写真 | Comments(0)

ガスライター

土曜日、仕事の後は同僚と阪神野田辺りへ一杯遣りに歩いて出かける。まずは新橋筋商店街の『透泉(とうせん)』で座って呑む。瓶ビール、奈良の銘酒、中川酒造「透泉」の原酒などでくつろいだ。アテは紅生姜の天ぷら、鰤のあら煮など。奈良の中川酒造はここの本家にあたり、ここのご主人も中川さん。店内の哀愁度は二万パーセント。
二軒目は「透泉」の並びにある、この夏開店の立ち呑み『ばあ屋』で瓶ビール。おばさん三人で切り盛り。「なんで、ばあ屋なん?」と訪ねると「いつまででも使えるやん……」とうご返事。「なるほど!」とは返さなかったけれど、なるほどなあ。良いお店だった。
三軒目は北港通りと新なにわ筋の角っこに新しくできた立ち呑み『マルヤス』で瓶ビールなど。渋さ、カッコよさ二万パーセントのご主人と二人のきれいなお姉さんで切り盛り。とにかくアテが美味しかった。お土産にカチンとノックすると赤や青の光がチラチラ点滅する店名入りのガスライターを頂いた。初めは光の点滅にびっくりしたけれど、このばかばかしさがなんとも嬉しいな。圧電素子の余剰電流有効活用かな。ガスは充填可能だし、小さなスイッチをオンにすると内蔵のボタン電池を使うフラッシュライトにもなる。百円ショップでも売っていて、買おうとは思わないけれど、もらうと嬉しい。その後、駅前のイオンで清酒『七笑(ななわらい)』の一升瓶を買って、抱いて帰った。

c0102003_17485321.jpg

c0102003_17491578.jpg

c0102003_17493729.jpg

c0102003_17495676.jpg

c0102003_18204315.jpg

◎大阪市福島区/阪神野田駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-17 17:51 | モノクロ写真 | Comments(4)

続・湯豆腐

木曜日、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』が私を呼んでいるような気がするので、駆けつけてみた。店主であるお母さんにカップ酒の燗をお願いした後、アテをどうするか決めかねていると、台所の鍋の蓋を開けながら「湯豆腐ありますわよ……」と仰る。頂くことにした。
木綿豆腐で拵えた極々普通の湯豆腐。特別に旨い訳ではないけれど、ここで呑むカップ酒にはこれが一番似合うと思う。匙が付いてこないのもまた良い。匙は邪道。
熱々のものが欲しくなる季節になり、天満駅前の立ち呑み『銀座屋』でもそろそろ、おでんの始まる頃なのかな? 行ってみよう。

c0102003_17163612.jpg

c0102003_17165172.jpg

c0102003_1717657.jpg

◎大阪市北区/天満〜中崎
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-14 17:18 | カラー写真 | Comments(2)

残り物大好き

水曜日はいわゆる家呑み。頂き物の一升瓶、清酒「水神」を抱きながらのらりくらりと冷やで三合。アテは残り物の「超熟・イングリッシュマフィン」に「切れてるチーズ・カマンベール入り」を挟んだもの。何でも口に入れれば酒に合うもんだな。「水神」が旨すぎる。湯上がりに発泡酒半リットル。
◎見よ! 見よ! 当社が誇る連絡用自転車「オリタタミ・ためし号」の勇姿。

c0102003_17541254.jpg

c0102003_17543031.jpg

c0102003_17545016.jpg

c0102003_1755622.jpg

c0102003_17552664.jpg

c0102003_1755456.jpg

◎大阪市北区・都島区/毛馬閘門(けまこうもん)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-13 17:58 | カラー写真 | Comments(6)

湯豆腐

最近では珍しく、月曜日と火曜日、二日続けて中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』で一息ついて帰った。二日とも店内の顔ぶれは全く同じ。おそらく、一週間続けて通ってもおおかたの顔ぶれは変わらないように思う。
週が明けた途端に急に寒くなったので、台所から湯豆腐の湯気でも立ちのぼってはいないかと期待していたけれど、灯油の臭いがするようになっただけで相も変わらずの様子。
カップ酒を電子レンジで四十秒間だけ励起してもらい、アテはいうと迷うほどのものはなく、目を瞑って指さして、当てずっぽうの小鉢を一品。月曜日はソーセージと玉子、火曜日は揚げ焼売。結局は二日ともカップ酒の燗を二本と口直しの発泡酒を一缶という、判で押したような注文。火曜日のお会計が二十円少なかったのが謎といえば謎。ネコちゃん達も私には知らん顔をするようになった様な気がする。薄情者めが……。

c0102003_17123873.jpg

c0102003_171341.jpg

c0102003_17132266.jpg

c0102003_1713394.jpg

c0102003_17135752.jpg

◎大阪市北区/長柄東(毛馬閘門付近)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-12 17:15 | カラー写真 | Comments(4)

パヒューム

日曜日、我が家のお風呂の香りが劇的に変わった。
一昨日までなら「そうかあ、森の香りかあ……。森ってこんな臭いなんだあ!」「あっ、いたいた! 森ガールたちがこっちへやって来るう!」みたいな感じで妄想に耽っていたのだけれど、今度のはこうだ。
「うわっ! なんや、抹茶の臭いやん! どないしたん? 味すんのやろか……。飲んでみたろ!」「お善哉ないのん? お汁粉でもええわ。やっぱ、羊羹にしとこか」みたいな感じで落ち着かないんだな、バスクリン〈抹茶の香り〉は。
風呂上がりも、体はずっとお抹茶の香り。この香り、次の日まで持つのかなあ。まあ、いつもの加齢臭よりはいいけどね。好まれそう……。
で、発泡酒一缶呑んで、冷や酒二合と冷蔵庫の残り物。この日は直径が五センチくらいの魚肉ハム。魚の香り。

c0102003_19132851.jpg

◎大阪府/藤井寺市
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-11-10 19:14 | カラー写真 | Comments(4)