風邪引きそう……

火曜日、午後八時頃、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』で発泡酒半リットルとカップ酒の燗を二本、切り干し大根の煮物。伊達の薄着はやっぱり寒い。
休日の今日は頂き物の一升瓶、和歌山の銘酒『黒牛・純米酒』を抱いて、怠け者として過ごそうと思う。

c0102003_14574033.jpg

c0102003_14575426.jpg

c0102003_1458816.jpg

c0102003_14582638.jpg

c0102003_14584484.jpg

◎大阪市北区/中崎〜浮田付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-29 15:04 | モノクロ写真 | Comments(0)

桜色

金曜日、午後八時半頃、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』でちょい呑み。発泡酒半リットルとカップ酒の冷やを一本。十二人ほどの客入りでほぼ満員状態。慶賀、慶賀。
帰宅後、換気扇の下でキリンから新発売の「一番搾りSTOUT─スタウト─」二缶と残り物のポテトサラダで煙草を吸う。「贅沢な大人の『黒』」とのことだけれど、黒ビール二缶はちょっと重たいな。早く大人になりたい……。
さて、色と言えば桜ノ宮駅の南にある『櫻宮(神社)』。早起きして訪ねた昨日と今日。なんという桜だろうか、濃いピンクが綺麗だ。寒緋桜なのかな? 残念だけれど、今日の雨でもうお終いだろう。

c0102003_143263.jpg

c0102003_1451727.jpg

c0102003_1453225.jpg

c0102003_1455180.jpg

c0102003_14675.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-25 14:06 | カラー写真 | Comments(6)

ツアーガイド

水曜日、来客があり、且つその方のご要望もあり、夕方から天満の立ち呑みをご案内することになった。まずは禁煙立ち呑み『奥田』の主客一体となった見事な演技にガツンと衝撃を受けていただくことから始まり、二軒目は西日本一の焼き鳥立ち呑み『とり坊』で、今まで食べてきた焼き鳥の概念を初期化していただくことに。三軒目の関東煮(かんとだき)立ち呑み『権兵衛』では不必要なものとは何かについて考えを巡らせていただき、四軒目の駅前立ち呑み『銀座屋』では低価格がもたらす恵みを堪能していただいた。お終いは梅田に戻り、美味しいアイスクリームを食べた後、大阪駅でお見送り。めったに食べないけれど、アイスクリームって美味しいね。

c0102003_18563726.jpg

c0102003_18565137.jpg

c0102003_185768.jpg

c0102003_18572030.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-23 18:56 | カラー写真 | Comments(6)

ストレッチ

土曜日の山歩きで両足の筋肉がコリコリになっていて、痛くて堪らない。山歩きとは言っても登山ではなく下山だったので、階段を下りる時に使う筋肉が特に痛い。
それでも歩くことがストレッチになると思い、月曜日はゆっくりと天満まで歩き、駅前の立ち呑み『銀座屋』で瓶ビールを二本呑んだ。
最近動きの多い天満だが、残念なことに駅前の立ち呑み『赤垣屋』が店を閉めた。

c0102003_1731989.jpg

c0102003_17325841.jpg

c0102003_17331378.jpg

c0102003_17315398.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-21 17:33 | カラー写真 | Comments(0)

山くだり

土曜日、友人のN子ちゃんを誘って摩耶山上の「マヤ・リュックサックマーケット(フリマ)」を見に行った。まずは三宮から神戸市バスに乗って「摩耶ケーブル下」駅で降りる。神戸市バスはスゴイもので、こんな坂道をバスが登るのかというような急坂をぐんぐん登る。しかも途中のバス停ではエンジンを止め、発進時は再始動と坂道発進をいっぺんにこなすという名人技で、平らなところが多い大阪市バスとは大違い。マニュアル車しか運転したことのない私には驚きの連続。
三宮で買い込んだパン、チーズ、ワインなどをケーブルカーとロープウェイを乗り継いでてっぺんまで持ち上げた後はフリマ見物と、眼下の絶景を楽しみながらの酒盛り。さすがにここのフリマには古箪笥とか中古のバーベルなどといった大物は見あたらず、手作りのお菓子やアクセサリーなど、小さくて可愛らしいものが多かった。缶ビールを一生懸命に冷やしながら三百円で売っていた良心的な青年がいたので、さっそくいただいて咽を潤した。
下山は天狗道、稲妻坂と稜線をたどり、布引ハーブ園を経て新神戸駅へ出て、元町大丸向かいの「ニューミュンヘン」まで歩き、飛び込むなり生ビールを立て続けに三杯呑んで仮死状態。
くたくたになって三宮駅で解散した後は大阪へ戻り、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』で瓶ビールを二本呑んだところで意識を取り戻した。

c0102003_1735185.jpg

c0102003_17364081.jpg

c0102003_1735345.jpg

c0102003_17354757.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-20 17:36 | カラー写真 | Comments(6)

出来ればこのままで

木曜日、ザキチョーの酒屋『盛進商行』で阪神戦のお終いの方を観ながら立ち呑み。やっと勝ちよった! 試合の後、店長のSさんが面白いものを見せてくれた。かなり分厚いファイルで、内容はこのお店が紹介されているブログを出力して集めたもの。
「あんたに見せよう思うてたんや。あんたのもあるん?」と言って差し出されたファイルを全部見たけれど、幸いにもこの中には無かった。あの方のものやこの方のもの、いろんな方の記事が丹念に収録されていて、立派な表紙が付いている。ご当主の娘さんがお作りになったものらしい。
ついこの間、ご当主であるお母さんが「みなさん、いい店だって誉めてくださるのに、テントがあんなに汚いんじゃ申し訳ないわよね。替えようかしら……」と、ぽつりと仰ったことの意味が分かったような気がした。当然のことながら「これがいいんですよ。このままにしときましょうよ」と、強くお願いしておいた。発泡酒標準缶とカップ酒の冷やでちょい呑み。

c0102003_17174389.jpg

c0102003_17162430.jpg

c0102003_17184099.jpg

c0102003_17172180.jpg

c0102003_1719851.jpg

◎大阪市北区/天満駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-17 17:20 | カラー写真 | Comments(9)

「腰掛け」は我々の敵だ

水曜日、午後五時きっかりに職場を飛び出して環状線で芦原橋へ。久しぶりに芦原橋に降り立ったのは、急遽、立ち呑み原理主義者三人で呑み会をすることになったから。まずは一年ぶりの立ち呑み『山源』で瓶ビールと冷や酒で、どて焼き天ぷらなど。変わらぬいい風情だった。
二軒目は高架下繋がりで立ち呑み『芦原橋』を覗いたら、いつの間にか腰掛けがずらっと並んでいたのでパス。さらにすぐ先、名前は忘れたけれど、お酒屋さんの立ち呑みも覗いたけれどここも腰掛けありになっていてパス。
仕方なく、大浪橋(おおなみばし)を渡って大正駅前まで歩き、立ち呑み『大川』で瓶ビール、冷や酒、どて焼き、唐揚げなど。河岸を変えて駅北の路地の中、立ち呑み『火のくる間』で瓶ビール、焼酎、冷や酒など。
次は、たぶん電車で移動したはずの西九条駅前の立ち呑み『千石酒蔵』で冷や酒、瓶ビールなど。アテのことは記憶にない。すっかり酔ってしまって、もうどうでもよくなった原理主義者の三人は便利になった西九条駅で方面別に分かれて解散。

c0102003_17211310.jpg

c0102003_172033.jpg

c0102003_17215015.jpg

c0102003_1722546.jpg

c0102003_17222961.jpg

c0102003_17212383.jpg

◎大阪市北区/OAP付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-16 17:22 | カラー写真 | Comments(5)

大変だ! 大変だ! 「天神橋」は「テンジンバシ」だと思っていたら「テンシンハシ」だった。声に出して読んでみたら天津飯を喰いたくなってきた!
普通の橋には「欄干」があって、その両側には門柱のような締めものがあり、その柱を「親柱(おやばしら)」と呼ぶことになっている。親柱には普通、その橋の名前が記されていて、石造りの場合は堀刻んであり、コンクリや金属製の場合は金属製の銘板が貼り付けてあることが多い。欄干は普通、左右二列あるから親柱は都合四本あることになるが、橋の両側にある二本の親柱にそれぞれ漢字とかな文字で記されていて、向かって右側が漢字で、左側がかな文字である場合が多い。
このかな文字がその橋の正しい読み方だとすれば、私たちが普段に呼び慣れている橋の名前も実は少しだけ間違っていたということになるのだろうか。濁点が彫ってある場合もあるのだから、その部分が小さくて彫りにくいということでもなさそうだし……。誰かが確信を持って名付けたに違いないだろう。
とりあえず大川から堂島川、土佐堀川に架かる主な橋の親柱と睨めっこしてきたのでその成果を展示する。どうでもいいし、ついでだけれど、橋のたもとには交番があることが多いということも解った。ヒマを見て東横堀川や道頓堀川辺りも取り調べてみようかな。

c0102003_17574577.jpg

◎大阪市
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-12 17:59 | その他 | Comments(4)

やっぱ、デジタルでっせ

木曜日、ザキチョーの酒屋『盛進商行』で立ち呑み。暖かくなってきたので、カップ酒を燗ではなく冷やで二本、発泡酒の標準缶を一本。
前回、ここのテレビが液晶の薄型大画面に替わったことを書いた。その際、このテレビがアナログテレビであるというふうにも書いた。それは受像画面の右肩に小さく「アナログ」と表示されていたからだ。ところが聞いてみるとテレビは最新のデジタルテレビらしい。なのになぜデジタル放送を受像できていないのか。さらによく聞いてみると、ここのテレビは“昔からケーブルで引っぱっている”らしいことが解った。さらにじわじわ聞き込んでいくと、“らしい”ことは確かなようで、とにかく“屋根の上にアンテナは無い”といこともはっきり解った。なるほど、なるほど……。
しかし、そのケーブルとやらはケーブルテレビ局に契約加入して配信を受けているものなのか、高層ビルなどによる難視聴区域解消のためのケーブル配信なのかは要領を得ずよく解らないけれど、どうやら後者の方ではないかと思われる。ではどうすればデジタルで受像できるのか。アンテナを立てた方が早いのかな。まあ、そんなことどうでもいいけれど、今度訪ねた折りにもっと深く話を聞いてみようか。せっかくのデジタルテレビなんだから。酔狂だね。

c0102003_1722416.jpg

c0102003_17225959.jpg

c0102003_17231913.jpg

c0102003_17221388.jpg

◎大阪市北区/OAP付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-10 17:25 | カラー写真 | Comments(2)

まだまだアナログですよ

月曜日、ザキチョーの酒屋『盛進商行』で立ち呑み。久しぶりに本部長のIさんと同席。カップ酒の燗を二本と発泡酒の標準缶を一本。
このあいだ寄った時には天井の蛍光灯照明がまるごと新しくなっていて、まるで「お菓子のまるしげ」で呑んでいるような眩しさに驚いたけれど、今度はテレビが新しくなっていた。置いてあるところは同じなのだけれど大画面の液晶テレビなので遠くからでもよく見える。デジタルではなくアナログテレビなのが泣かせるね。薄型のテレビだから、兄弟猫のリョウ君とリンちゃんは登れそうもなく、居眠りをするところが無くなった。

c0102003_17201171.jpg

c0102003_17205984.jpg

c0102003_17212032.jpg

c0102003_17213618.jpg

◎大阪市北区/与力町〜松ヶ枝町〜天満橋付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-04-07 17:23 | カラー写真 | Comments(2)