続・十三大橋を渡る。

阪急十三駅西口を出て「十三大橋」方向へ向かう。橋の北詰から堤防を降りて水際の石積みのところまで歩いて行くと今まで見えていなかった人影が二人、五、六メートルほどの間をおいて釣り糸を垂れている。邪魔にならないように少し離れたところに座って、駅前の「巳喜屋」で買っておいた三百三十円の助六を朝食代わりに食べる。食べながらファインダーを覗くと、橋が長すぎて広角レンズ一本槍のコンデジでは真ん中辺りのアーチが小さく写ってしまいそうだ。
一服の後、北詰まで戻り下流側の歩道をゆっくりと渡り始める。夥しい数のリベットを見ていると子供の頃いつまでも見入っていたリベット打ちの様子を思い出す。真っ赤に焼いたリベットをやっとこで掴んで上へ放り投げる。尻が尖っていて取っ手の付いているブリキ缶で受け止め、リベット穴に突っ込んだところを鉄砲で打ちかしめる曲芸的職人技。無骨なリベットの列ではあるけれど、桜色の優しい橋にかえっていいテクスチュアを創り出している。
河川敷のグラウンドでは朝早くから大勢のユニホーム姿が野球の稽古。川面では二組のボートが水上スキーの稽古。この目で水上スキーを見るのは始めてのような気がする。そういう橋の上では写真の稽古に余念のない年寄り(私)が一人。南詰めで堤防を越え、今は無い中津川運河を跨ぐ「十三小橋」を渡って中津へ降りて梅田まで歩く。ビール呑んだろ……。

c0102003_19183868.jpg

c0102003_19185733.jpg

c0102003_19191552.jpg

c0102003_19194274.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-07-02 19:20 | モノクロ写真 | Comments(2)

十三大橋を渡る。

土曜日の朝、いつも歩いて渡る「十三大橋」を写真に撮ってきた。国道百七十六号線が淀川を渡る部分、十三と中津を結ぶ大きな橋。すぐ下流に架かる「新十三大橋」も近代的な美しさを感じさせるが、淀川に架かる橋の中では一番美しいのではないかと思う。橋の長さは約六百八十メートルで中央部は五連のブレーストリブ・タイドアーチ桁。色は淡いピンク。ディティールも丁寧で全体的に優しい感じがする。
アーチ部分は遠くから見ると綺麗なカーブを描いているように見えるが、間近で見ると直線の連続であることが解る。
歩道部分が狭い上に自転車がひっきりなしに通るので、写真を撮っているとまるで邪魔者扱い。午前八時、日射しもまだ柔らかで僅かに潮の香りのする川風が気持ちいい。中津側には干潟が残っている。
ここには昔「十三の渡し」があったそうで、最初に橋が架けられたのは明治十一年、有料の私設木橋「十三橋」であったが、淀川開削のおり明治42年に「十三大橋(鉄橋)」が架けらた。その後昭和七年に現在の橋に架け換えられたそうだ。車道部分は南行き三車線、北行き一車線。北行き車線には中津側から「浜中津橋」を渡って合流できる。
木津川を跨いで大正区と浪速区を結ぶ「大浪橋」が大きさやデザインともよく似ている。「大浪橋」の方は一連で、橋床中央部が太鼓状に盛り上がっており、アーチ部分も曲線部材を連続させている。

c0102003_15125561.jpg

c0102003_15131766.jpg

c0102003_15133752.jpg

c0102003_151357100.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-07-01 15:13 | モノクロ写真 | Comments(4)

落ちつかない二日間。

木曜日、この二日ばかり外で酒を呑んでいない。そのぶん早く家に帰っているかといえばそうでもなく、中途半端な時間まで職場を離れられないまま、呑みに出掛けるタイミングを外してしまっている。午後十時頃から一杯遣れる酒屋立ち呑みなど滅多にあるわけでもなく、夜中を過ぎても営業しているガヤガヤした立ち呑み風居酒屋に一人でというのも、もう一つリラックスできない。
新梅田食道街辺りで一杯という手もあるが、いっそこのまま早めに帰って早寝でもしたら、早起き続きの睡眠不足も取り戻せるだろうにと、後ろ髪引かれながら断ち物でもするような思い切りで電車に乗る。
呑まないでいた二日分の立ち呑み予算を金曜日の立ち呑み代につぎ込んでやろうかと、あそことここと、さらにはあっちもと、いい大人がつまらぬ餅の絵描きながらウトウトしていると一駅乗り越してしまいそうになった。

c0102003_1743194.jpg

c0102003_17433536.jpg

c0102003_17435129.jpg

c0102003_1744824.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-29 17:44 | モノクロ写真 | Comments(2)

火曜日、いつもより早く六時半には家を出て、三駅先まで歩いたところで電車に乗る。何か得るものがあるのかといえば何もない。この時期ただ暑くて汗をかくだけ。ビールを呑んでしまいそうになるだけだ。
夕方、遅めに職場を出て中崎町の酒屋立ち呑みへ。冷房が利いて涼しい。結構な混みよう。オフィスのキッチンのシンクで湯浴みができるかという話題で盛り上がる。私も考えたことはあるが、実際にやったことがあるという方が居て一同大笑い。発泡酒一リットルとおかき。六百六十円。

c0102003_1725169.jpg

c0102003_17253215.jpg

c0102003_17255032.jpg

c0102003_17262244.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-27 17:26 | モノクロ写真 | Comments(2)

月曜日、中崎町の酒屋立ち呑みの常連さん、米屋のYちゃんと建築事務所のK女史の二人が立ち呑み「ビンゴヤ」に入ったことがないと言うので案内することになった。店の前で待ち合わせ。三人なので奥のテーブルを指定される。テーブル番号は五番。一人であれば入り口近くのカウンターに。
若い頃阪急神戸線園田駅の近くに住んでいたこともあって、仕事の帰りによく通った店だ。大きくて真っ白なセントバーナードが店の中を行ったり来たりしていたのを思い出す。
まずは瓶ビールを三本、兄ちゃんにシュポーンと大きな音で抜いてもらう。王冠を抜く瞬間、兄ちゃんの右手が天高く上がる。音は広い店中に響き渡り、ビールが何本売れているのか数えることもできる。
注文の仕方を覚えてもらうため、二人に好きなものを頼んでもらう。おでんや小皿のアテはもちろん、店内の缶詰や乾き物を選んでテーブル番号を告げ、記帳してもらってテーブルへ。間違っても隣のテーブル番号を告げてはいけない。ここでの私の好物は「のり天大王」という焼き海苔の天ぷら菓子。
三百六十円の瓶ビールを三本、冷やした日本酒五合入りのデキャンタ瓶、水割り焼酎の缶詰、おでん、サラダ、穴子、乾き物などで一人千五百円弱。
店を出る頃には百人以上が入れる広い店内も満員状態。Yちゃんはともかくも、K女史には喜んでもらって良かった。

c0102003_1746593.jpg

c0102003_17463136.jpg

c0102003_17465283.jpg

c0102003_17471315.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-26 17:47 | モノクロ写真 | Comments(4)

日曜日、降るとは知っていたが朝から雨。お昼前に家を出て、いつものように休日で誰も居ないビルの中にある職場へ。土曜日の打ち合わせでまとまったことを片づけて、最近怠っている写真の整理。この作業、歳のせいか結構目が疲れるんだな。
近くのコンビニで買ってきた白ワインを、おにぎり弁当をアテにちびちび遣りながら続ける。そのうちに酔ってきたので途中で中断、というか飽きてきた。またしてもやり残してしまった。
気分転換のつもりで外へ出る。堂島の「ジュンク堂」であれやこれやの立ち読み。どれくらい居ただろうか、とうとうこれにも飽きて早めに帰る。ということで、この日は立ち呑まず……。

c0102003_1718307.jpg

c0102003_17184968.jpg

c0102003_1719826.jpg

c0102003_17192634.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-25 17:20 | モノクロ写真 | Comments(2)

土曜日、今週も午後から神戸の春日野道で仕事。短時間で終了。後の予定はないので、何とはない雑談でちょうどいい時間まで過ごす。ちょうどいい時間とは午後四時半くらいのことを指す。例によって同僚と立ち呑み新規発見の相談。
「さて、どこ行きましょ」
「荷物あることやし、あんまり歩きたないな」
「春日野道とか三宮はもう有らしまへんやろ」
「しやなあ、全部行った思うで。わからへんけどな……」
「ほな三宮まで歩きますか」
千里の道も一歩から。ぼちぼち歩いてJR三ノ宮駅山側に出る。グリーンシャポービルの前を歩いていると、あった! 「立ち呑み」と書いた白い小さな立て看板が置いてある。赤い矢印が地面の下を指している。解った、みなまで言うな。階段を下りて地下一階へ。なかなかいい佇まい。「Zen」という屋号で、店内はシンプルで力強い雰囲気。黒板には酒呑み好みのアテが過不足無く書かれている。百五十円から三百円くらいまでだったろうか。
二人で生ビール、黒生ビール(瓶)、濃い梅酒、しろうま(にごり)、ソーセージ、鶏肉の刺身なんかで心地よい一服。
串カツを食べようと言うことで、神戸サウナ近くの立ち呑み「あげちゃびん」へ行くが、残念にも店じまいされたそうで今は別な店。ついでだからと元町まで歩いて立ち呑み「花門亭」で生ビールと串カツ。

c0102003_1259334.jpg

c0102003_12592035.jpg

c0102003_12593869.jpg

c0102003_130464.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-24 13:00 | モノクロ写真 | Comments(6)

木曜日、七時半頃職場で缶ビールを呑んだ後、駅前ビル方面へ向けって歩く。先週、開店三日目に訪れた立ち呑み「がってん」の様子が見たくて第二ビルへ向かう。隣の“座り立ち呑み”は大賑わいなのにどうしたことか、寂しいな。まあ、開店二週目だから仕方がないか。頑張って欲しいと思う。
そのまま新梅田食道街へ出て、立ち呑み「うめや」に寄る。いつの間にか三百円均一メニューが崩れかかっているようだ。高いものがいろいろ生まれている。冷や酒二杯と出し巻き。コップが少し小ぶりになっていてがっかり。腰掛けを置かないだけまだましか。その点、近くにある「初音」は素晴らしい。
なんやかんや言っても、やっぱり立ち呑みは酒屋の居酒に限るな。

c0102003_17394644.jpg

c0102003_1740566.jpg

c0102003_17402577.jpg

c0102003_17404627.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-22 17:41 | モノクロ写真 | Comments(2)

水曜日、真っ昼間に用事が有って大淀北辺りへ出向く。交通の便が悪いところだが、歩いて行ける距離でもあるので歩く。これが大失敗。暑いの何の。引き返そうかと思ったくらいだ。暫く歩いている内に調子も整っていつもの歩きモードに落ちつく。途中の自販機でアクエリアスを買って、ちびちび飲みながら歩く。こんなに汗をかいたのは今年になって初めてだな。
そんなこんなで日が暮れるまで頭の中はビールのイメージでいっぱい。生にしようか、瓶にしようか、さてはどこで呑もうか……。ビアガーデンに行きたいのだけれど、一人では高くつくし、ちょっと二の足を踏むなあ。以前、阪神の屋上ビアガーデンで優雅に一人呑みを楽しんでおられた紳士を見かけたことがあるが、私には出来そうもない。
で、またもや天満。最近少し飽きてきた。瓶ビール二本、白波のロック、モヤシ炒め。帰り道、中崎町の立ち呑みを覗いてみると昨日とは大違い、超満員。どうにか隙間に入り込んで発泡酒のレギュラー缶一本だけ呑んだ。

c0102003_17451180.jpg

c0102003_17452725.jpg

c0102003_17454470.jpg

c0102003_17455962.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-21 17:46 | モノクロ写真 | Comments(2)

ウスケ様、呑みたい。

月曜日は珍しく酒を呑まなかったので書くことがなかった。火曜日、八時半頃久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑みへ。先客一人と、猫四匹、それに阪神戦のテレビ中継。店内きわめて静かで、だんまり酒。
阪神勝って先客がお帰りになった後、ずっと一人。この日は発泡酒ではなく瓶ビール。それに冷やしたカップ酒とイカくん。八百二十円。
ここのカップ酒、常温では甘ったるくていただけないけれど、少し冷やすと騙して呑める。「角」が切れているままなのが残念だ。この間入れてあった半ダース、私が全部呑んだ。頼んどいたのに……。
「お兄ちゃん、『角』入れといてえや」
「あれなあ、ははは……」
嫌なんか?

c0102003_1248483.jpg

c0102003_1248216.jpg

c0102003_12483835.jpg

c0102003_12485574.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-20 12:49 | モノクロ写真 | Comments(6)