日曜日、何の予定もない。最近は朝早くに目が覚めるので、家庭を顧みずに早朝からリュックを背負って出掛けてしまう。用事が無いのに職場へ向かうつもりだが、あまりにも早いので二駅分先まで歩いてる。やっと七時半。駅前のパン屋さんでコーヒーを飲む。そのまま電車に乗って梅田へ。着いたのが八時頃。
そうだ“午前八時の心象採集”でもやってみようと思い、コンデジ握り締めて中崎町辺りをうろうろしてみるが、お天道様が眩しすぎるだけで人の気配もほとんどない。
天満へ向かって歩く。さすがにここまで来ると日曜の朝だというのに人が多い。飯を喰っているわ、買い物をしているわ、掃除機ぶん回したりモップ掛けまくったり。結局、一〜二枚撮っただけで無駄な遠回り。
職場でリュックの掃除。おそらく二年ほど入れっぱなしにしている色んな、しかもどうでもいいようなものがいっぱい出てくる。何かあった時のためにと放り込んでおいた物ばかりだが、この二年間何も起こらなかった。向こう二年間、おそらく何も起こらないだろう。
役に立った物はといえば、筆記用具とメモ帳、タオル、マグライト、それにビクトリノックスのトラベラーと携帯灰皿くらいか。バンドエイドも使ったかな。後はもう要らん。要らん物がどんな物だったか書き上げてもいいが、長くなりそう。
日が暮れかかり、再び天満へ。今度は酒を呑むために「銀座屋」へ向かう。瓶ビール二本、白波のロックを一杯、厚揚げ焼き、酒盗。それでもまだまだ宵の口、後はよしなにと言うことで……。

c0102003_1811466.jpg

c0102003_18112250.jpg

c0102003_18114292.jpg

c0102003_1812789.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-18 18:12 | モノクロ写真 | Comments(6)

土曜日、午後から神戸の春日野道で仕事。かなり手こずって、終わったのが六時。疲れ切ったので同僚と立ち呑みへ。国体道路を東に向かって歩く。「藪田酒店」を覗くが、あいにく満員。二軒くらいおいて隣の「たにぐち酒店」で瓶ビール、カツオたたき、ボイルドウインナー。
ここまで来たのだから新規開拓を目指そうという事で「山田屋酒店」の前を通り過ぎて、さらに東へ向かって歩く。六甲道辺りまで歩いたところで「たじま酒店」を発見。冷や酒、焼酎、カワハギ、焼き鶏缶詰。そろそろ帰ることにして、新在家の「立ち呑み処みつおか」で終わりにする。瓶ビール、ゴーヤの炒め物、もう一つあったような気がするが、忘れた。阪神の各駅停車で居眠りしながら梅田へ。
この日の成果は「たじま酒店」の一軒だけ。今ひとつ所在地に自信がない。連れて行けといわれても無理。

c0102003_16212631.jpg

c0102003_16221296.jpg

c0102003_16222923.jpg

c0102003_16225097.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-17 16:23 | モノクロ写真 | Comments(4)

水曜日、七時頃同僚から電話。
「第二ビルに新しい立ち呑み、でけてまっせ! 今日まで生ビール百円ですわ。来なはれ」
「どこやの?」
「のっぽがあったとこですわ」
急ぎ足で大阪駅前第二ビルへ向かう。立ち呑み「のっぽ」が閉店したのは、先週気が付いていた。いい店だったのに残念だと思っていた矢先のこと。今度は立ち呑み「がってん」として新規開店。スタッフも全く違うし、酒もアテの内容も変わっている。今週月曜日の開店で、生ビール百円は三日間だけ。超満員。
電話をくれた二人は既にたっぷり呑んでいる様子。 早速百円の生ビールを急ぎ呑みしながら追加のアテも頼む。ソーセージと鶏の唐揚げ。アテがなかなか出来上がらないので、ビールだけどんどん追加。三人ともビールはもう呑めないという頃になってもまだ出来上がらない。ついにはオーダーをキャンセルして、二軒目を目指す。
料理は手を抜かずきっちり丁寧に作っている様子。私は食べてないが、どれも美味しかったそうだ。来週あたり、もっぺん行ってみな……。

c0102003_18527100.jpg

c0102003_1854881.jpg

c0102003_186747.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-14 18:06 | モノクロ写真 | Comments(4)

祝! 二号店開店。

月曜日、天満駅前の立ち呑み「銀座屋」の二号店がこの日、JR西九条駅の高架下に新規開店。環状線内回りに乗って行ってきた。適度な大きさで気持ちいい。アテは基本的に天満店と同じだが、酒類に関して言えば約一割五分程度高めになっている。瓶ビール大瓶で三百八十円。まあ、天満と比べるのは酷だろう。開店当日とはいえ、ほぼ満員状態だった。慶賀、慶賀。
そして火曜日、四〜五日ぶりに中崎町へ。遅い時間だったので発泡酒半リットルとカップ酒一本呑んで帰る。
ところでこの数日、エキサイトへの接続に時間が掛かり過ぎているような気がするのだが、年金問題の影響なのだろうか。

c0102003_1743455.jpg

c0102003_1744516.jpg

c0102003_17443981.jpg

c0102003_17445992.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-13 17:45 | モノクロ写真 | Comments(6)

木曜日、ちょっと遅めではあったけれど、中一日空いた中崎町の酒屋立ち呑みへ。鳶のIちゃんがお風呂屋帰りに呑んでいた。早速隣で募る話し。仕事で沖縄に行って来たそうだ。
「一回、沖縄行ってみいや。立ち呑みよ〜けあんで」
暫し、沖縄立ち呑みの話を聞かせてもらう。沖縄か、行ったことは有るけれど、立ち呑み巡りではちょっと遠いな。まずは淡路島から……。
「天満行こうや」
「天満なあ、今日はもう帰るわ。遅いし……」
Iちゃん見送って、歩いて梅田へ。
発泡酒一リットルとイカくん。七百十円。

c0102003_1733042.jpg

c0102003_17331510.jpg

c0102003_17333184.jpg

c0102003_17334974.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-08 17:35 | モノクロ写真 | Comments(4)

会社で座り呑み。

水曜日、遅くまで職場にいたので立ち呑みは諦め、近所のコンビニで缶ビールと雪印の「さけるチーズ(激辛とうがらし味)」を買ってきて、テレビを見ながらちょい呑み。さけるチーズ、正しい食べ方はどんなだろうか。前歯で端っこを噛んで、そのまま引き裂くような方法しか思いつかない。獣みたいだな。予め細かく裂いておくのだろうか。頭から丸かじりでは楽しくないしな。 表面がべたべたしているな。ぜんぜん辛くないぞ。パッケージは捨ててしまったし、置くところが要るな。紙皿出してこようか、あったかな?
「一番搾り」(レギュラー缶)二缶。まあ、足りないけれど良しとしよう。おかげで、早めに帰宅。

c0102003_1733611.jpg

c0102003_1735178.jpg

c0102003_1741223.jpg

c0102003_175358.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-07 17:06 | モノクロ写真 | Comments(2)

地雷を避けて歩く。

火曜日、八時半、久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」へ。発泡酒ではなく瓶ビールを抜く。続いてカップ酒を一本、アテは鶏肝煮付け。テレビからラジオに切り替わった阪神戦を見たり聞いたりしながら、九時半頃店を出て中津辺りまで歩く。
ここまで来たのならついでだと、人気のない橋伝いに淀川を渡って十三まで歩く。せっかくの十三だから、一杯だけと思って西口の立ち呑み「銀ちゃん」に入る。瓶ビールと鯖の煮付け。ここの鯖は旨いと思う。
チケットが四百円分手元に残った。また行かな……。もったいないし……。と思って行けば行ったでどうせ足りないのだから、またチケットを買う。こうして、ついに逃れなくなる仕組みになっている。一連、千円分、一回で使い切るのが逃げ延びるコツ。
立ち呑み「にしき庵」の前を通る。以前、えらい目にあった。地雷を踏んでしまったのだ。それも二発。

c0102003_19521864.jpg

c0102003_195236100.jpg

c0102003_19525424.jpg

c0102003_19531334.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-06 19:55 | カラー写真 | Comments(2)

月曜日、急に話がまとまって七時頃から同僚と二人で立ち呑みを四軒ハシゴ。一件目はご近所、北新地の「スリール」に初めて入る。二軒目もご近所、駅前第一ビル地下二階、いつも大賑わいの立ち呑み「力」で白波のロックを二杯と串カツいろいろ。安くて旨い。
新梅田食道街へまわって三軒目は「セブンシーズ」へ。ここも大賑わい。一階は満員なので二階の片隅でビールとミートパイ、突き出しのピーナッツ。ミートパイがあることは知らなかった。オーストラリア風だが、長年探し求めているイギリス風ミートパイに半分ほど近づいた。
四軒目は同じ路地にある“たこ焼き立ち呑み”の「潮屋」でビールとたこ焼き。

c0102003_1864723.jpg

c0102003_187395.jpg

c0102003_1872110.jpg

c0102003_1873836.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-05 18:08 | モノクロ写真 | Comments(2)

西九条

日曜日の午後、神戸屋でフランスパンを買う。長くて持ちにくいから半分に切っておくれとお願いして、小さい袋に入れてもらう。パンを食べる習慣もない年寄りが、長いままのパンを持ち歩くとどうも落ち着かない。みんなが見ているようで、気恥ずかしい。自意識過剰な小心者。そうそう、大事な買い物、ファミマで安ワインを買って職場へ。袋を開けるとパンの切り口が斜めに。やるな……。
「肥後の守」でパンを切り削りながらワインを呑む。呑みながら写真の整理。分類、名前付け、連番ふり、コピーして保存……。そのうちに酔ってしまって、仕分けがだんだん不正確になっていく。何度も訂正しながら不要なファイルを消去。SDカードも初期化。
跳ね橋の写真をアップした後、土曜の続き話を書こうと思って西九条で撮った写真の準備。
あれ……? あっ! 無いっ! もしかして違うホルダに? やっぱり無いっ! やってしまった! 捨ててしまった……。
ばったり倒れて、一時間ほど昼寝。というか、ふて寝。
気を取り直して夕方から天満へ。日曜日はこの界隈が一番便利。駅前の「銀座屋」で瓶ビール一本、白波のロックを二杯。スモークタン、焼き鶏二本。千百九十円。

c0102003_18552430.jpg

c0102003_18553875.jpg

c0102003_18555450.jpg

c0102003_18561199.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-04 18:56 | モノクロ写真 | Comments(2)

土曜日、尼崎の五合橋線にある東高洲橋を見に行った。この橋は東堀運河と庄下川を結ぶ高洲運河を跨ぐ橋で、船舶航過のために一日五回、三十分づつ決められた時刻に跳ね上がる。航過船が無ければ上がらない。昭和三十一年に架設されたが、四十一年に架け替えられていて、これが二代目にあたる。
橋の長さは約四十七メートルで、この内の十六メートルが方観音式に跳ね上がるので、分類的には可動橋の中でも跳開橋ということになる。一週間に二回ほどしか上がらないという話しもあって、上がったところを見た人は少なく、写真が撮れたら宝物かも知れない。
私も三度出掛けているが、毎度引き下がってきた。もう諦める。橋の上は大型車両の通行でたえず振動している。バスで行くと楽なのだが、便が悪く歩いた方が早い。結構遠いがもう慣れた。
帰りは阪神西大阪線に乗って西九条へ。咽が渇いていたので脇目も振らずJR高架下の立ち呑み「吉(よし)」に飛び込んで瓶ビール二本と焼き茄子。
西九条、阪神の延伸線工事も進んでいるが、どでかい高架橋の出現でえらいことになっている。

c0102003_13504648.jpg

c0102003_1351575.jpg

c0102003_13512429.jpg

c0102003_13514352.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-03 13:54 | モノクロ写真 | Comments(2)