土曜日、尼崎の五合橋線にある東高洲橋を見に行った。この橋は東堀運河と庄下川を結ぶ高洲運河を跨ぐ橋で、船舶航過のために一日五回、三十分づつ決められた時刻に跳ね上がる。航過船が無ければ上がらない。昭和三十一年に架設されたが、四十一年に架け替えられていて、これが二代目にあたる。
橋の長さは約四十七メートルで、この内の十六メートルが方観音式に跳ね上がるので、分類的には可動橋の中でも跳開橋ということになる。一週間に二回ほどしか上がらないという話しもあって、上がったところを見た人は少なく、写真が撮れたら宝物かも知れない。
私も三度出掛けているが、毎度引き下がってきた。もう諦める。橋の上は大型車両の通行でたえず振動している。バスで行くと楽なのだが、便が悪く歩いた方が早い。結構遠いがもう慣れた。
帰りは阪神西大阪線に乗って西九条へ。咽が渇いていたので脇目も振らずJR高架下の立ち呑み「吉(よし)」に飛び込んで瓶ビール二本と焼き茄子。
西九条、阪神の延伸線工事も進んでいるが、どでかい高架橋の出現でえらいことになっている。

c0102003_13504648.jpg

c0102003_1351575.jpg

c0102003_13512429.jpg

c0102003_13514352.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-06-03 13:54 | モノクロ写真 | Comments(2)

なぜか、方違え。

仕事帰りに床屋さんに飛び込んで散髪。子供みたいになってしまった。まあそれはいいとして、首筋が寒い。酒でも呑んで暖まらないと……。昨夜は、天神橋筋商店街を南下して、扇町経由で梅田まで歩く。かなりの遠回り。
そうだ、また、アサヒ黒生の小瓶を呑んだ。大瓶もあるんやろか。

c0102003_17333124.jpg

c0102003_17334617.jpg

c0102003_1734383.jpg

c0102003_17342053.jpg

c0102003_17343785.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2007-01-16 17:35 | モノクロ写真 | Comments(0)

今年も、後一日。

みなさん、有り難うございました。よいお年をお迎えください。



c0102003_1805597.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2006-12-30 18:02 | その他 | Comments(8)

湊川公園で、息抜き。

先週の水曜日、仕事で神戸の春日野道へ。予定より早く片づいたので、少し時間もある。足を伸ばして新開地方面へ向かう。坂道になっている商店街を上り詰めたところにある、コンクリートの公園。しばし、鳩と遊ぶ。
この公園に向かい合うようにして、いい風情の立ち呑みがある。神戸の名店であって、集う呑み人は多い。この日は大阪に戻らなければならなかったので、呑むわけにもいかず、まだ明るいうちの外観だけを頂いて帰った。
何度か訪れているが、前回訪れたのはこの夏。瓶ビールを抜いてもらって、さて何にしようか……。並んだバットの一番左、肉を煮いたような一品が、とても旨そうに見えた。
「それ、ください」
「これ? クジラです。硬いですよ」
「え? いいですよ」
懐かしいな、クジラだ。子供の頃、肉と言えばクジラだった。魚屋で買ってくる。肉というものは硬いものであって、 もっぱら食べ慣れているからご心配なく……。
ところが、……うわっ、硬っ! 噛んでも噛んでも噛み切れない。二切れ目、硬っ! ビールそっちのけで噛み続ける。クジラを噛みに来たのではない。ビールを呑みたくて来たのだから、ビールも呑まないと……。順番待ちのクジラが、まだまだあるぞ。噛んでは呑み、噛んでは呑み。一本呑んでしまっても、クジラは相変わらず順番待ち……。
美味しいのだけれど、このまま噛み続けると、大阪に戻れなくなるかも知れない……。
「ごちそうさん。クジラ、残してしもた。すんまへん」
「は〜い。おおきに〜」
硬いですよと念を押され、承知の上での話なのだからこっちの負け。次回は燗酒で、ゆっくり暖まって帰ろうと思う。

c0102003_18284984.jpg

c0102003_18291392.jpg

c0102003_18293258.jpg

c0102003_18295950.jpg

c0102003_18301764.jpg

[PR]
# by Shashin-Zake | 2006-11-16 18:30 | モノクロ写真 | Comments(4)