タグ:神戸 ( 570 ) タグの人気記事

揺れる原理主義

土曜日、朝一から神戸で仕事。午後四時頃には終わり、同僚と立ち呑みへ。この日は春日野道の南側、浜街道沿いで酒屋立ち呑みを一軒発見。ガスタンクの傍にある「塚本酒店」で瓶ビール、薩摩揚げ。
日曜日、夕方から天満へ。赤いワイン屋台「luv wine」の辻向かいに新店が出来ていたので飛び込んだ。○の中に“や”の字で「○や(まるや)」という屋号。最近流行の丸見え“半屋台”で、しかも半分が立ち呑みで半分がテーブル席。一店舗二制度がしかれた“中腰主義”の店。最近はこういう制度を取り入れているお店が多いな。
表に干物籠がぶら下がっていて自家製の生干しが並べてある。カウンターの上にも生干しや生魚を入れた籠が並んでいて、濡れ布巾が被せてある。注文すると炭火のいこった小さな七輪が運ばれてきて、客は自分でそれを焼いて食べる。「○や」の“や”とは“焼く”を意味するのかな。
瓶ビールと鮭カマをいただいた。瓶ビールは“中瓶”で四百円。自分で焼く鮭カマは二百円。アテは全体的に手頃な価格だけれど酒類の値がちょっと高いな。清酒もたしか四百円だった。
立ち呑みカウンターが見えなければまず入ることはなかったのに……。しくじった! 立ち呑み原理主義者としては“安く呑む”ことも重要な理念のはずなのに、ここのところを見誤り、蔑ろにしてしまった自分が情けない。これはひょっとして罠かも知れない。
すかさず駅前の立ち呑み「銀座屋」に駆け込んで呑み直し。瓶ビール大瓶三百三十円を一本と、一杯二百円のブラックニッカ大盛りロックを二杯。百五十円の焼き厚揚げ、二百円の大ぶり鶏唐揚げで千八十円。

c0102003_12353853.jpg

c0102003_12355583.jpg

c0102003_12361326.jpg

c0102003_12363393.jpg

◎神戸市兵庫区/新開地、中央区/波止場町
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-19 12:37 | カラー写真 | Comments(0)

新開地で昼酒

日曜日、友人のN子ちゃんからメール。「〈新開地音楽祭〉を見に行くから付いて来い!」ということで、午後から神戸の新開地は湊川公園へ。
聴いたり観たり、さくっと済ませて「八喜為(はきだめ)」で昼酒。焼き鳥と串カツをそれぞれセットで注文したのはいいけれど、いつまで待っても出てこない。ビールばっかり呑んでいるうちに、N子ちゃん、なんか変だと気が付いて「注文、通ってるか? 通ってへんのやったらもうええで! 帰るわッ!」と大声出したとたんに全部出てきた。しかも熱々で。
ボートピア神戸新開地の横手、立ち呑み「冨月(ふうげつ)」の南向かいに「萬舟軒」というオオバコ立ち呑みが出来ていたので入ってみる。缶ビールレギュラー缶が三百五十円。スチロールの器にたこ焼きが五個入っていて出汁がかけてある“だしたこ”が二百円。いわゆる神戸たこ焼きで、タコも大きく、なかなか旨かった。奥多摩の地酒「澤乃井」の“万舟”が置いてある。玉川競艇「澤乃井カップ」の記念酒らしい。
帰りの阪神電車は甲子園駅から超満員。勝ったのか負けたのかすぐ解る。クボタ〜ッ! やったら出来るやん!

c0102003_1723582.jpg

c0102003_17241435.jpg

c0102003_1724302.jpg

c0102003_17244538.jpg

◎神戸市兵庫区/新開地、中央区/東川崎町・海岸通
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-05-12 17:26 | カラー写真 | Comments(6)

悪くはないけれど……。

月曜日、かなり久しぶりに中崎町の酒屋立ち呑み「盛進商行」でちょい呑み。五人様と四人様のビジネスマングループと、お一人様が私を含めて四人。結構な賑わい。瓶ビールと焼売をお願いして呑んでいると、四人様のグループがお帰りになり、続けて今度は七人様の若いビジネスマングループがご来店。
「七人ですけど、いいですかね……」
もちろん悪くはないけれど、超満員だな。隣で呑んでいたご常連のIさんは引き上げの準備。年寄りは邪魔になりそうなので私も退散することにしてお会計。七百二十円。
広くもない酒屋立ち呑み、呑み方はもちろん、入り方にも行儀というものがあるのではないか。

c0102003_1454168.jpg

c0102003_1455813.jpg

c0102003_146196.jpg

◎神戸市中央区/波止場町(NAKA-BC)
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-04-29 14:07 | カラー写真 | Comments(4)

絵日記

 少ないお小遣いですから毎日呑んで帰る訳にも行きません。そこで月曜日は家呑みとなりました。家呑みの事は今まで一度も触れたことはありませんでしたが、珍しく一升瓶を抱えて帰りましたので書いておこうと思います。
 こないだの日曜日、阪神デパートの酒売り場で日本酒を探しました。条件は、ここで売っている純米酒の中で一番安い銘柄を一本だけということです。いろいろ眺めて見つけましたのが、盛岡の蔵「あさ開(あさびらき)」から出ている「純米大辛口 水神(すいじん)」という一本です。値段は二千百円でした。もっと安く手に入る銘柄も知っていますが、大阪中をうろうろするのも面倒くさいし、ここで買うと決めたからにはここで済ましてしまいます。
 一番下の写真に写っているのが「水神」です。大辛口と謳うだけあって酒度は「+10」なんですが、思ったよりもコクがあって香りも良く、いわゆる大当たりと言ってもいい立派なお酒でした。私はお酒のアテに強い欲望を持っておりません。鯖の塩焼きとか、ハマチの刺身とか、アテとしての好物は有るには有るんですが、無ければそこいらにあるもの何でも摘んで呑みます。とは言っても鍋の蓋は摘みませんが、チュウインガムを噛みながら呑んだこともあります。
 この日はビスケットを囓りながら呑みました。懐かしい森永の「マリー」ですが、この頃は三枚ずつ小袋に入っておりまして、思い出の中の「マリー」よりも少し小ぶりなような気がしました。ぼろぼろと床に屑こぼれするのが難点ですが、甘すぎる訳でもなく、塩気が利いている訳でもない、赤ちゃん好みの味とでも言うのでしょうか、曖昧な味が日本酒には妙に良く合うと思いました。
 この日は蕎麦猪口でちびちび遣りましたのでどのくらい呑んだのか、分量はよく解りませんが、だいたい三合半くらいでしょうか。「マリー」はちょうど六枚囓りまして、後は次に残しておきました。
 ちょっと思い着いただけですが、これからの季節、床の上でお酒を呑むためにも、イ草の渦巻き円座が欲しいところですね。七回り半というのがなかなかいいようです。
 その後、咽が渇きましたのでアサヒの「スーパードライ」レギュラー缶を一本呑んで、そのまま後へひっくり返って寝てしまいました。午前一時半頃何やらの物音で目が覚め、覚めたついでに「アクエリアス」をコップ一杯飲んで再び眠りにつきました。今朝は鶏よりも早起きしまして、四時半には、もう立ち上がっておりました。いやいや、なんかもう、小学生の絵日記みたいになりました。上の写真三枚、居心地が悪そうですね。

c0102003_1723639.jpg

c0102003_17233511.jpg

c0102003_1723525.jpg

c0102003_1724926.jpg

◎神戸市中央区/下山手通〜北長狭通
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-04-15 17:29 | カラー写真 | Comments(4)

祝! 金本二千本安打!

土曜日、「KOBE-TECHNO-OCEAN'08」の一環で、一般公開のために神戸の中突堤に寄港している深海調査研究船「かいれい」を見学に行く。上々のお天気なので混んでいるかと思ったけれど、順番待ちの行列もなく、同時に公開されている海洋環境船「Dr. 海洋」も含めて小一時間ほどかけて見学。ホイールデッキの装備とコンパスデッキのアンテナ類を眺めながら「なるほど、なるほど……」と呟いて終了。
そのまま「はねっこ橋」を渡り、川崎本通りに抜け、立ち呑み「ヤスダヤ」に寄って瓶ビールとマカロニサラダで一息つく。元町まで歩いて南京町の酒屋立ち呑み「赤松酒店」で、仕事帰りの友人N子ちゃんと待ち合わせ。瓶ビール、冷や酒、コンビーフなど。四時半に、阪神の金本選手が二千本目の安打を打つ瞬間を店内のテレビで観る。
その後「ぎょうざ苑」に移動して瓶ビール、焼き餃子、水餃子。やっぱり旨いな。さらに「丸玉食堂東店」で瓶ビール、腸詰め、焼きビーフン。東店、いつの間にか厨房が綺麗になっていた。
結構な酔っぱらい状態になって、この日はこれでお終い。居眠りしながら阪神電車で梅田まで戻る。

c0102003_17364740.jpg

c0102003_1737660.jpg

c0102003_17372582.jpg

c0102003_17374254.jpg

◎神戸市中央区/元町通
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-04-14 17:41 | カラー写真 | Comments(2)

南京町のお祭り

日曜日、午後から友人のN子ちゃんと神戸元町南京街の春節祭を見物。人出の多さはともかく、その“人の流れ”を大量生産のあめ玉でも扱うように制御しようと躍起になるのはいったいなぜなのか。
一方通行、路地の封鎖、テープやロープでの囲い込み。お祭りなのだから、見物客の右往左往にかまうな。行きつ戻りつ、行きたい店、行きたいところに行かせてあげればいいじゃないか。
ガードマンや県警の巡査のがなり声に、遊ぶ気持ちも失せてしまう。お祭りは君らの仕事ぶりを見せつけるところではないだろう?。な〜んにも見えなかった! 不愉快だ!
ということで、幸運にも営業中だった南京町の酒屋立ち呑み「赤松酒店」に駆け込み、燗酒や焼酎で避難酒。魚肉カツ、茶碗蒸しなど。

c0102003_1894220.jpg

c0102003_1810093.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2008-02-11 18:10 | カラー写真 | Comments(4)

急ぎ呑み

火曜日、遅めに職場を出て、たかが知れている大股歩きの大急ぎで中崎町。酒屋立ち呑み「盛進商行」でカップ酒の燗を矢継ぎ早で二本と焼売。一人客となったところでお終い。
晩飯を食っていなかったので新梅田食道街のマクドでマックポークとコーヒーの燗。まあ、こんなところが昨日の夜の全部。

c0102003_19254445.jpg

c0102003_1926066.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2008-01-16 19:32 | カラー写真 | Comments(2)

えべっさん

木曜日、十日戎の本宮。一昨年は今宮のえべっさん、去年は西宮のえべっさん、そして今年、初めてお詣りする神戸は柳原のえべっさん。
神戸に住んでいる同僚の案内で、入場制限が行われるほどの大賑わいの中、どうにかこうにか柏手を打つことが出来た。
参道の屋台、兵庫駅前の立ち呑み二軒、ビール、燗酒、濁り酒。その後もなにやらよーけ呑んでいい気持ち。コンパクトながら、なかなかいいえべっさんだった。

c0102003_1719425.jpg

c0102003_17192231.jpg
写真を撮っている私を見て笑うのはなぜだろう……。変装しているのがバレたのかな?
[PR]
by Shashin-Zake | 2008-01-11 17:21 | カラー写真 | Comments(4)

寒くなったもんだ……

火曜日、午後八時半頃まで職場。腹も減っているし酒も呑みたいしということで、大急ぎで外へ出て阪急東通り方面へ向かう。宛は無いけれど誰かが立ち呑みを始めていないか時々は見張っていないと……。
阪急東中通りには「えっちゃん」という良い立ち呑みがあったのだけれど去年だったか店仕舞い。湯気の上がる大きな丸いおでん鍋を眺めながら燗酒を呑む楽しみが無くなってしまった。
息子さんが大阪駅前第一ビル地下二階で立ち呑み「和」をやっておられて、職場のすぐ近くなので何度か訪れたことがあるが、ずいぶん賑わっている。
結局、無いと見ていつもの中崎町の酒屋立ち呑みへ。今週になって最初とはいえ、またか……。まずカップ酒を燗で、継いで発泡酒を半リットル。高野豆腐とつくねの煮物。石油ストーブに火が入っていた。さっと帰る。

c0102003_17364770.jpg

c0102003_1737724.jpg

c0102003_17373931.jpg

c0102003_17375626.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-11-21 17:38 | モノクロ写真 | Comments(4)

灘、西郷で立ち呑み。

火曜日、午後からお使いに出されて阪神電車で大石まで。真夏なら嫌だけれどこの時期なら何でもない。むしろ嬉しい。
お使いの内容はといえば、難しいわけではなく熟練の年寄りにとっては目を瞑っていてもこなせる程度の事。早めに用を済ませて大石駅の南側辺りを歩いてみる。大きな酒蔵の建ち並ぶ界隈、酒の香りが漂う路地をくねくねしていると、酒の香りが次第におでんの香りに変化。怪しさに注意をこらすと実に様子の良い酒屋が目の前に。
「マルタツ酒店」その堂々たる偉容に腰が抜け、吸い込まれる。既に常連さん達で賑わっていて、初めての一人客にとってはまるで虜にでもなったような心持ち。聞き耳頭巾によると、どうやら地元在住のトラッカーさん達のよう。
瓶ビール一本と冷や酒を一杯。おでんは厚揚げ、焼売、大根、最後に菊菜をさっと浸してもらう。旨かった。さあ、知らぬ顔して戻らないと……。
店内の様子や詳しいことは慕撫さんのこのページを。さすが慕撫さん、ここまで来たんだ……。

c0102003_17542078.jpg

c0102003_17543655.jpg

c0102003_175453100.jpg

c0102003_17551344.jpg

[PR]
by Shashin-Zake | 2007-11-14 17:58 | モノクロ写真 | Comments(4)