残念でした

四月二十九日、日曜日。午前十時に伊丹市立美術館へ。ご苦労さん。「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」を観るためなのに、なんでそんなに早くに駆け付けるの? それはね、当日上映される映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」も観るつもりだったからだ。十一時十五分開演で、先着順に整理券が配られる。定員は八十名。
で、どうだったのか? 「整理券落ちた、美術館死ね!」だ。十時ちょうどにはすでに数十人が同じように落ちていた。九時半ごろから行列ができていたそうだ。
それにしても来館者のほとんどがご婦人であるのには驚いたね。仕方がないので写真だけを鑑賞したのだけれど、脳が痺れるくらいに素晴らしい写真だった。
伊丹は「宮前まつり」の最中で、一杯二百円の屋台酒を一杯やった後、立ち吞み『丸美』で生ビールを一杯と冷や酒をコップ一杯呑んで、お昼前には三宮まで撤退。
思い付きでたどり着いたメリケンパークのイベント会場で生ビール、ウイスキーなんかを呑んだ後は、たぶん三宮高架下の立ち吞み『スタンドGONTa』に寄ったような気がする。




c0102003_11114430.jpg





c0102003_11114082.jpg





c0102003_11113657.jpg





c0102003_11113146.jpg





写真上から/伊丹市立美術館/メリケンパーク/神戸国際会館/三宮センタープラザ





by Shashin-Zake | 2018-05-03 12:36 | カラー写真 | Comments(0)

七月十六日、土曜日。仏事のため日帰りで福岡まで。雨が降るという話だったけれど、降らずにすんだのはいいものの、蒸し暑くて、読経の間にも汗が噴き出してきて大変。
小倉駅へ向かう前に、折尾駅前のお酒屋『宮原酒店』で角打ち。隣のおじさんがじわ〜っと話しかけてきたけれど、かなり回っているようで、なにを言っているのかさっぱり解らず。お百度参りのように何度も繰り返される話に生返事を繰り返しながら、瓶ビールを一本と清酒をコップで二杯。つまみは卵豆腐。
酒はひとりで、だんまりむっつりと呑むに限る。旅の途中なのでまあいいけどね。
折尾駅前の路地道は基本的に昔のままだけれど、周りの建物は根こそぎ引き剥がされていて、様変わりが激しい。去年もここで呑んだけれど、この一年での変わりようにも驚いた。



c0102003_9534824.jpg



c0102003_95413.jpg



c0102003_9541429.jpg



c0102003_9542792.jpg



c0102003_9543999.jpg



c0102003_9545488.jpg



c0102003_9551043.jpg





◎北九州市八幡西区/JR折尾駅付近
by Shashin-Zake | 2016-07-18 09:56 | カラー写真 | Comments(0)

一皮むけてきました

はじめに言っておきますが、写真が十一枚、ダラダラと続くだけです。一皮むけるまでに時間がかかった証拠です。



c0102003_12263273.jpg



c0102003_1226477.jpg



c0102003_1227060.jpg



c0102003_12271233.jpg



c0102003_12272951.jpg



c0102003_12274518.jpg



c0102003_1228212.jpg



c0102003_12284938.jpg



c0102003_1229468.jpg



c0102003_12291739.jpg



c0102003_12293124.jpg



偶然にもというか、奇跡的にというか、お伊勢参りの白いワンちゃんと出会いました。

参考:仁科邦男『犬の伊勢参り』(平凡社新書 2013年)


◎三重県伊勢市/伊勢神宮
by Shashin-Zake | 2016-05-03 12:32 | カラー写真 | Comments(0)

俺に話しかけるな

土曜日は神戸・南京町の『赤松酒店』で昼酒。その後、待ち合わせて『金時食堂』で昼酒二次会。
日曜日も『赤松酒店』で昼酒。めんどうくさいおっさんが隣にやって来て、面白くもない大言壮語と武勇伝。お寂しい気持ちは解るが迷惑だ。一人静かに呑めないのか? 黙って呑め!早々に切り上げた。しゃべりまくる男は信用できない。



c0102003_18135898.jpg





by Shashin-Zake | 2015-02-15 18:15 | カラー写真 | Comments(2)

奥の深〜い角打ち

土曜日の昼酒は南京町のお酒屋『赤松酒店』で「キクマサ」の燗を二合。つまみは塩鮭。雨に降られた。
日曜日の昼酒もまたまた『赤松酒店』で。「キクマサ」の燗を二合と瓶ビールを一本。つまみは高野豆腐。
大箱なうえに、いつも同じように茶色いおじいちゃんばっかり。まあ、みなさん大先輩ばっかりなので、隅っこでこっそり呑んでいるのです。ブヒッ。


c0102003_19305917.jpg


c0102003_1931548.jpg


c0102003_19311796.jpg



◎阪神電車
by shashin-zake | 2014-02-16 19:32 | カラー写真 | Comments(0)

大した話じゃないんです

月曜日は神戸・元町の居酒屋で職場の忘年会でした。これは一回目だそうです。この話はこれでお終い。
ラジオを買ったんですよ。携帯ラジオなんです。タバコの箱くらいの小さいラジオですね。十年以上前に買った携帯ラジオをずっと使ってたんですが、壊れてしまったんです。音が出なくなったとかじゃなく、その反対で、音が出過ぎるんです。
スイッチを入れると、いきなり最大音量で唸りだし、いくらダイヤルをいじくってもコントロールができません。スピーカーから音を出すと、破れ声が響き渡るし、イヤホンを耳に突っ込むと意識を失いそうになります。仕方がないので、イヤホンの先を指でつまんで、まるで拝んででもいるかのように、じっと睨みつけながら数日のあいだ聞いていましたが、不便でなりません。
そこで、お昼休みに梅田のヨドバシを覗いて新しいラジオを買ってきたんですよ。四千七百円くらいしましたが、たまったポイントを使ったので千九百円くらいで買えました。このラジが実によくできたラジオでしてね、まず、音がいい。雑音がほとんど入らないし、聞きにくいMBSラジオもよく聞こえるんです。“ラジオなんて”と思っていましたが“ラジオも”ずいぶん性能が良くなっているんですね。デザインはちょっとプラスチッキーですが、まあ、こんなものでしょう。大好きなSONYですし。
最近のラジオはテレビの音声放送が受信できなくなってしまったんですね。デジタル放送になったのであたりまえの話ですが、驚きました。ワンセグ放送の音声を受信できるラジオが一機種だけあるようですね。SONYです。
写真の右側が買ってきたラジオなんですよ。ステレオなので両耳に突っ込むイヤホンが付いていましたが、邪魔くさいのでステレオ・モノラル変換プラグと、モノラルイヤホンもついでに買ってきました。最近のイヤホンは変な形をしてますね。私の耳にはよく合っています。変な耳ですからね。
左がやかましすぎる古いラジオ。聞こえなくなった訳ではないので蹴り捨てる訳にもいかず、悩みの種なんです。高かったしね。当時でも一万円くらいしたと思います。


c0102003_17303012.jpg




by shashin-zake | 2012-12-04 17:31 | カラー写真 | Comments(4)

久しぶりに灯油の臭い

木曜日。ウヰスキーを呑みに中崎町の『盛進商行(しぇーしんしょーこー)』へ。店長のSさん一人。
「寒いだろ? ストーブつけようと思ったんだけどさあ、灯油がねえんだ。電話して頼んどいたんだけど、まだ来ねえんだよ。しょうがねえなあ、ったく。タンクん中に少し残ってるようだから火いつけてみようか。ちょっと待っててくれ」
ということでストーブ解禁。
一時間半くらい世間話をしながら「角」の一合瓶を一本とカップ酒の燗を一本。灯油はとうとう来なかったし、ほな、さいなら。




c0102003_1742639.jpg




by shashin-zake | 2012-11-16 17:05 | カラー写真 | Comments(4)

業務連絡!

noreizokoさん、noreizokoさん。
「ユンガー」って、こんな感じです。無骨なんですが、極めて丈夫。
バラして単体で使うことの方が多いです。それでも柄の長さは充分。
スプーンの容量は30cc。大さじ2杯分(大笑い)。でかいので、カレーなんか数回すくっただけでペロリです。
喜んでいただけますでしょうか。説明しにくいもんですから写真で。


c0102003_16485895.jpg



◎その他
by shashin-zake | 2012-05-03 16:49 | その他 | Comments(2)

イージス艦は速いぞ!

日曜日は『立ち呑み漂流』のHAKUDOU師匠のお計らいで、大阪湾で行われた帝国海上自衛隊による「呉地方隊展示訓練」を見学させていただいた。停泊している軍艦の見学は過去にあったけれど、動いている軍艦に乗るのは初めてのこと。しかも十二隻もの軍艦が列を作って航行する様子は壮観だった。
私たちが乗ったのはイージス艦『きりしま』。老若男女、六百人近い見学者が乗ったんだそうで、甲板上は大賑わい。お弁当と飲み物で、海上のプチピクニックもなかなかいいものだ。広い海の上で軍艦の勇姿を写真で捉えようとしても広角コンデジのGRDでは無理。もっぱら双眼鏡を覗いて楽しんでいた。師匠、ありがとうございました。
六時間の航海の後はやっぱり立ち呑み。師匠と二人でお邪魔したのは元町高架下の立ち呑み『伊琥香』。日曜日でも営業中。缶ビール標準缶を二本と「キクマサ」の冷やをコップで二杯。アテはソーセージ、キュウリの漬け物。この三連休は忙しかった。疲れました。


c0102003_17131036.jpg


c0102003_17132345.jpg


c0102003_17134274.jpg



◎大阪湾上、護衛艦『きりしま』
by shashin-zake | 2011-09-26 17:14 | カラー写真 | Comments(2)

月曜日は久しぶりに博多駅から新幹線に乗ることにして、夕方に実家を出る。新しい博多駅が見たかったのだ。
奇麗になってますな。立派になってますな。なんと人の多いことか。大阪駅も新しくなってからというもの、えらいことになっているけれど、博多駅の方が人出はスゴいんじゃないのかな。観光客が増えたのかな。私もその一人だ。
荷物をロッカーに突っ込んで、地下街から地上へと、隅から隅まで見て回った。昔は地下街に立ち呑みが一軒あったと思うのだけれど、見つからなかった。こんなに変わってしまったんじゃ無理だろうね。その近くにあったはずのうどん屋『因幡宇どん』はピッカピカになっていたけれどまだあった。
「博多デイトス」の奥の方に立ち呑み屋が三軒ほど固まりになっているところがあって、その中の一軒、『竹乃屋』というところで休憩。瓶ビールを一本とマグロ頬肉の刺身。中瓶一本が四百九十円では、お店はやって行けるだろうが、客の方がやってられないので早々に出る。出発時間も迫っているので『因幡宇どん』で四百五十円のエビ天うどんを食って新幹線のホームへ。変わらぬ味に感激。


c0102003_17402978.jpg


c0102003_1740446.jpg


c0102003_17405882.jpg


c0102003_17411457.jpg


c0102003_17413133.jpg



◎北九州市八幡西区/JR折尾駅付近
by shashin-zake | 2011-09-21 17:44 | カラー写真 | Comments(2)