タグ:神戸 ( 600 ) タグの人気記事

ヘビじゃあるまいし

月曜日、元町の酒屋立ち呑み『おおみや』でビールの小瓶と「大関」の冷やをコップで二杯。アテはすき焼き。玉子は要るかと聞かれたので、要らないと答えた。すき焼きを溶き卵で食べるのは嫌いなのだ。野蛮だ。会わせて千二百四十円。

c0102003_17192725.jpg

c0102003_17194090.jpg

c0102003_17195292.jpg

c0102003_1720765.jpg

◎神戸市中央区/元町駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-12-01 17:25 | カラー写真 | Comments(0)

木曜日、中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』へ。久しぶりにクリーニング屋のIさんと会った。
「お〜、久しぶりですやん! どないですの?」との問い。
「ぜんぜんダメですわ。死んでまおう思てますねん」と答える。
「まあ、そのうちええことありますわ……」と真顔で慰めてくれる。
もう何年にもなるけれど、毎回、判で押したように同じ挨拶を繰り返している。立ち話の中身は“仕分け人”の悪口を言いながらの素人仕分け。
発泡酒標準缶一本とカップ酒の燗を二本。アテはコンニャクと鶏肉を茹でたもの。

c0102003_17155647.jpg

c0102003_1716959.jpg

c0102003_17162471.jpg

c0102003_1716389.jpg

◎神戸市中央区/元町駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-27 17:17 | カラー写真 | Comments(4)

火曜日、小雨の中を元町の酒屋立ち呑み『おおみや』へ。大関の燗をコップで二杯、ハマチの刺身とおでん二品で千二百円。奥のテーブル席はにぎやかだけれど、立ち呑みカウンターの方は静かなもので、客は私を含めて二人。

c0102003_1784350.jpg

c0102003_1785855.jpg

c0102003_1791240.jpg

c0102003_1792872.jpg

◎神戸市中央区/元町駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-25 17:10 | カラー写真 | Comments(0)

三連休のうち、日曜日と月曜日は用事でちょっとの間出掛けたものの、三日三晩テレビの前で鍋をつつきながら酒を呑んでいた。土曜日と日曜日で『土佐鶴』を一升。月曜日は頂き物の一升瓶『新政』を呑んでいたけれど、あんまり旨いので四合ほど呑んで後は残しておいた。
酔ったらすぐに寝てしまうので、目覚めが早くて困りもの。鶏みたいになってしまった。というか、鶏を起こしに行けるくらいだな。今朝も午前三時に目が覚めてしまったけれど、夜が明けるまではなんにもすることがないので、関西テレビのフィラーを眺めて過ごした。今朝のお天気カメラは淀川の十三大橋方面を向いていたけれど、一番好きなのは大阪駅を上からのぞき見る映像で、これは新駅ビル工事の様子も動画で楽しめる。懐中電灯を持った工事関係者があっちへ行ったりこっちへ来たり、フォークリフトがちょっとだけ動いたりと、こんな時間にご苦労様。このカメラ、阪急グランドビルの避雷針に取り付けてあるのだそうだ。

c0102003_1795595.jpg

c0102003_17101047.jpg

c0102003_17102634.jpg

c0102003_17104291.jpg

c0102003_17105749.jpg

◎神戸市中央区/浪花町
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-24 17:11 | カラー写真 | Comments(0)

バルカンに想いを馳せる

木曜日、神戸元町の酒屋立ち呑み『おおみや』で燗酒をコップ二杯。アテはおでん。「○○さんと□□さん、今日は来てはりませんわ。昨日はおみえでしたけどね」とご主人。どちらも心当たりはないし、ご主人、私を誰かと間違えておられるようだ。「そうなんですか……」と返事をしておいたけれど、面白いね。
二軒目はJR高架下モトコー2番街の立ち呑み『たちのみや ARIGATOU』で「角」のロックを四杯、アテはクラッカーと先客のギリシャ人青年との楽しい世間話。日本に住んでいるギリシャ人は全部で三百人位なんだそうだ。ここへ来たのは二年ぶりくらいかな。

c0102003_17554483.jpg

c0102003_1756044.jpg

c0102003_17561555.jpg

c0102003_17563025.jpg
◎神戸市中央区/元町高架通JR高架下(モトコー)
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-13 18:00 | カラー写真 | Comments(3)

隠し芸

水曜日、ウヰスキーを呑みに中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』へ。ビールや清酒ばかり呑んでいると精神がぐずぐずになってしまって、人間がダメになっていくような気がするけれど、ウヰスキーを呑むとシャキーンとして、立ち直れたような、真人間になれたような気持ちになるね。
『角』の一合瓶を半分はストレートで、半分はロックで一本。アテは焼売。お会計は千と四十円。
「……ハナミズキ、夏には白い花を、秋には赤い実……」などと物真似をしたら、隣に立っていた建築事務所のK女史に「気持ち悪い!」と言われながらも喜ばれた。

c0102003_17294965.jpg

c0102003_1730571.jpg

c0102003_1730199.jpg

c0102003_17303420.jpg

◎神戸市灘区〜中央区/灘駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-12 17:32 | カラー写真 | Comments(6)

月曜日、立ち呑みの新規開店が相次ぐ大阪駅前ビルに、また新たなお店が現れたので覗いてみた。駅前第一ビルの地下一階、南西角。「立呑み居酒屋『ゆきちゃん』」といって、お姉さんお二人が仕切っておられる。どちらがゆきちゃんなのかな。
瓶ビール大瓶が三百八十円、清酒『長龍』一合が二百八十円。アテは、おでんを除けば二百〜四百円くらい。先週オープンしたばかりの店内は隅から隅まで綺麗。待ち合わせの約束があったので燗酒を二合と、並んだ大皿から牛牛蒡を選んでささっとすませたお会計は千と十円。ということはだ、あれが四百五十円か? 何かの間違いだと思うが……。まあ、旨かったし、ワンドリンクサービス券も頂いたことだし、ええか。

c0102003_17161460.jpg

c0102003_1716315.jpg

c0102003_17165179.jpg

c0102003_17171037.jpg

◎神戸市灘区/灘駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-10 17:18 | カラー写真 | Comments(0)

やっぱり中崎町へ

水曜日、ウヰスキーを呑みに中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』へ。「角」の一合瓶をロックで一本、アテは湯豆腐。「湯豆腐はなあ、火の番するんがめんどくさいんよ」と、この間から言い始めた店長のSさん、昨夜の支度は二人前。あっという間にお終い。それならいっそ、店ごと閉めてしまえ。
大阪駅前第二ビル地下一階の立ち呑み『しげ屋』の前を通ってみると、お店の前に新しく看板が出ていた。「ビール大瓶380円」と書いてある。やっぱり中瓶四百円はやめにして、大瓶を三百八十円で売ることにしたようだ。生ビールも三百円になっていたかな? OKじゃん。また行こ!

c0102003_179566.jpg

c0102003_17919100.jpg

c0102003_1793411.jpg

c0102003_179512.jpg

◎神戸市中央区相生町〜兵庫区新開地付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-05 17:14 | カラー写真 | Comments(2)

寒いっすね!

先月下旬から、母親の四十九日、父親の一周忌、そして納骨式と、福岡での慌ただしい日々が続いたうえに、摩耶山登山道の階段作りにボランティアで参加したりして少し疲れた。
そんな土曜日、用事で久しぶりに明石へ。明石漁港を眺めながら本町二丁目の酒屋立ち呑み『高浜酒店』で一杯。三年ぶりくらいの訪問だったけれど、店内は当時の記憶のままで、理由もなくひと安心。
月曜日、急にびっくりするくらいの寒さ。急ぎ足で中崎町の酒屋立ち呑み『盛進商行』へ。カップ酒の燗を二本と仕上げに発泡酒標準缶。アテは焼売。燗はいつもより長めで、きっちり一分間励起してもらった。早い時間帯に飛び込んだのでいつもの常連さん達とは会えずじまい。

※鉄人28号の足下がずいぶん綺麗になってきた。土俵のような丸い模様が……。力士上がりだったのか……。

c0102003_17163895.jpg

c0102003_17165279.jpg

c0102003_1717664.jpg

c0102003_17172290.jpg

c0102003_1717377.jpg

c0102003_17175451.jpg

c0102003_17181145.jpg

◎神戸市中央区/JR神戸駅付近(鉄人28号は新長田駅西)
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-11-04 17:21 | カラー写真 | Comments(4)

久しぶりの「大関」

月曜日、元町の酒屋立ち呑み『おおみや』でビールの小瓶と清酒「大関」を冷やでコップ二杯。アテはおでん三品と鯛の子煮。「大関」といえば、最近、『銀座屋』を覗いていないな。
コンクリブロックと打ちっ放しコンクリの壁が新鮮だけれど、店内に漂う空気感は古くからあるお酒屋さん。手前半分が静かな立ち呑み空間で、ブロック仕切壁の奥、向こう半分がにぎやかなテーブル席。明るいお姉さんと気さくなご主人がいい感じで、お会計の千六百円もルンルン気分。「海文堂」の路地を海側へ入って海岸通を西へ曲がる。

c0102003_1795656.jpg

c0102003_17101762.jpg

c0102003_17103340.jpg

c0102003_17104826.jpg
◎神戸市中央区〜兵庫区/神戸駅〜兵庫駅付近
[PR]
by Shashin-Zake | 2009-10-20 17:12 | カラー写真 | Comments(2)